望年会!盛会 2018年12月9日(日)

静岡市鷹匠のもくせい会館には、会員約40人が参加した。

Dsc08023
増田章二静岡支部長が1年を振り返り挨拶。

Dsc08002
小泉金次幹事が、7年以上に渡る「野鳥便り鳥信」取りまとめの功績で、表彰された。

Dsc08004
記念の賞品は日本野鳥の会のアウトドアグローブ。嬉しそうな小泉氏。

Dsc08005
続いて、佐野聡幹事による2018重大ニュースの発表。①6月5日 シロエリオオハム夏羽。

Dsc08008
②9月5日 アメリカウズラシギ成鳥。

Dsc08010
③9月6日 オオアジサシ。

Dsc08011
④9月28日 オオグンカンドリ幼鳥。

Dsc08012
⑤10月4日 コウノトリ。(左から5月8日生まれの♂、2016年3月18日生まれの〝ひかる〟♂、2017年生まれの♂)

Dsc08013
⑥10月9日 ミヤコドリ。

Dsc08014
⑦10月18日~19日 第18回ライチョウ会議に増田支部長と朝倉俊治副支部長が参加、発表。

Dsc08017
⑧10月26日 アカマシコ幼鳥。

Dsc08018
⑨10月31日 イヌワシ。

Dsc08019
⑩11月2日 アカガシラサギ。今年も充実した観察ができた。

Dsc08020
そして講演は、認定NPO法人バードリサーチ代表で理学博士の植田睦之氏による「全国鳥類繁殖分布調査で分かってきた日本の鳥の分布変化について」。

Dsc08024
この調査は、1970年代と1990年代に環境省の調査として実施された全国約2300のコース調査などを行い、2020年までに日本で繁殖するすべての種の分布を描くもの。

Dsc08030
複数の団体が行う「鳥の国勢調査」だ。

Dsc08031
外来種ガビチョウの分布変化。繁殖コースは増えている。

Dsc08033
キツツキ科の種による分布の違い。

Dsc08034
ホオジロ科の種による分布の違い。

Dsc08035
分布が縮小している鳥。

Dsc08036
分布が拡大している鳥。

Dsc08039
全国的な鳥の分布の増減。

Dsc08037
静岡県など中部太平洋側の鳥の分布の増減。

Dsc08040
13歳男子、16歳男子、80歳代女性など、熱心に聴講する参加者。

Dsc08022
サンショウクイの分布変化。

Dsc08041
リュウキュウサンショウクイが増えている。

Dsc08047
センダイムシクイと托卵するツツドリの関係など、地域で違いのある鳥。

Dsc08042
ジョウビタキ、ミヤマホウジロ、カラアカハラなど、新たに繁殖し始めた鳥。

Dsc08043
調査方法はHPで詳しくわかる。 https://www.bird-atlas.jp/ 

Dsc08044
二次会は、最高齢87歳の富永さんの乾杯で開会。

Dsc08048
増田支部長による「小笠原探鳥クイズ」で盛り上がった。

Dsc08052
片田さんによる「鳥の名前ビンゴ」ゲームは楽しいが、酔いが回った。

Dsc08049
2019年もたくさんの鳥を観察したいものだ。

Dsc08053

|

秋晴れで爽快!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                2018年11月18日(土)

藤枝市、島田市、焼津市から14人が参加。バイクで参加の82歳女性も、杖を付きながら颯爽と歩き、鳥や植物を撮影する。

Dsc07935

2羽のユリカモメが海からやって来た。

Dscn3274

💛ハートのライト・イルミネーション(夜間点灯)の中に映える。

Dscn3272

海と陸内の池がつながるようで、気持ちが豊かになる。

Img_1931

オナガガモが増えた。

Dsc07934

バンとオオバンが仲良く泳ぐDscn3241

コサギも数羽。Img_1932

蓮華寺池は豊かな餌場のようだ。Dscn3244

カワウの羽は水分をはじかないので、羽を広げて乾かす。

Img_1928

ゴイサギも島に多数。

Dscn3247

昔の五位の冠位の烏帽子が見れるか?…

Img_1919

アオサギが鋭い目つきで、優雅に佇む。

Img_1918

9時半の気温は17℃。予想最高気温は22℃。

Dsc07939

爽やかな秋空と飛行機雲が広がる。

Dsc07947

山にはシジュウカラ。

Img_1920

ツブラジイの実を拾って、さかんに割って食べる。

Img_1922

日向は暑いくらいだが、日陰の体感温度は気分爽快。

Dsc07943

発掘調査が進行しているのか、益々整備されて増えた頂上の若王子古墳群で休憩。

Dsc07944

富士の山がくっきりと聳え立つ。

Dsc07945

暖かいせいか、チョウが飛び交う。ヤブマオなどのイラクサ科が食草のアカタテハ。

Dscn3262

この後、オオカマキリニ捕食されそうになった。

Dsc07941

ムラサキシジミ♂。♀はもっと暗い茶色。

Dscn3265

トンボもまだ飛ぶ。マユタテアカネ。

Dsc07936

フユノハナワラビが咲き始めた。群落がある。

Dsc07942

観察した鳥は、オナガガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、 ユリカモメ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、 ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、イカル、シメ、オオタカ 番外:カワラバト 以上27種。

Img_1930

次回の12月15日(土)はもっと沢山の冬鳥を観察できるか?楽しみだ。

Img_1929

|

第26回日本野鳥の会中部ブロック会議 新潟大会                   2018年11月3日(土)~5日(月)

「日本の自然 鳥類の生息環境と保全」をテーマに、中部地域の10県、17支部が新潟県新潟市の「水の駅ビュー福島潟」に集合した。伴野正志、朝倉俊治両副支部長などが参加した(※会議の内容は、野鳥だよりに掲載予定)。

会議会場の目の前は、〝オオヒシクイとオニバスの里 水の公園「福島潟」〟。

Dscn3142

会議の合間に冬鳥を観察した。ペアのコハクチョウ。

Dsc07786

オオヒシクイとマガン。

Dsc07805

上空にもオオヒシクイ、マガン、カモ類が飛び交う。

Dsc07806

遠くの中州には、チュウヒやノスリが舞う。

Dscn3146

東正面には五頭連峰がくっきり聳える。

Dscn3144

さて、二日目は早朝5時起床で、近くの鳥屋野潟で探鳥会。

Dsc07829

JR新潟駅から1.5kmに位置するが、市街地に残る水どりのオアシスだ。

Dsc07831

毎週金曜に野鳥の会新潟県の副会長さんがカウントするそうで、10月26日(金)現在5200羽以上のコハクチョウを数え、過去最高。

Dsc07832

6月頃シベリア」などで生まれた幼鳥も中に混じる。

Dsc07838

3~5羽くらいの家族で行動する。

Dsc07840

はるばる数千kmを渡ってきて、水田の落穂や水草を食べて、体力をつける。

Dsc07852

会議の運営、宿泊、探鳥会など、幹事の野鳥の会新潟県、佐渡支部の皆さんには大変お世話になり感謝。

Dsc07860

また、約40年前に静岡支部の会員だった当時、静岡大学生の方が、故郷の佐渡で大規模米作を営んでいて、佐渡支部に所属し、トキの環境保全に貢献していることも聞き、感激した。

|

快晴で心地よい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会           2018年10月20日(土)

藤枝市、島田市、焼津市から11人が参加。今回も82歳の女性がバイクに乗ってやって来て、いろいろなものをカメラで撮影していた。

Dsc07751

オナガガモがやってきた。♂♀。

Dsc07748

♂の羽模様はきれいだ。

Dsc07749

カワウも元気だ。

Dsc07750

オオバンも結局、一年中ずっといた。

Dsc07746

コサギがハスの葉の上に佇む。

Img_1862

山にはモズ♂。

Img_1854

天高く鳴く。

Img_1858

ヤマガラが一生懸命にシイの実を割っている。

Dsc07738

隊長がライチョウ会議で新潟へ出張したので、いつもと違う道を歩く。なかなか新鮮だ。

Dsc07715

鳥がまだ少ないので、今日は秋の植物観察だ。花が咲き終わったセンニンソウ。

Dsc07714

アラカシの実は、まだ緑色だ。

Dsc07716

ムクノキの実。

Dsc07718

アベマキの実。

Dsc07739

ノブドウの実。ヤマブドウと違い、美味くない。

Dsc07720

アキノノゲシ。

Dsc07721

ジョロウグモとアキノノゲシ。

Dsc07722

ミゾソバ。

Dsc07723

ヌスビトハギ。実が昔の盗人の足ように二つで、アレチヌスビトハギと異なる。

Dsc07724

ノハラアザミ。

Dsc07725

ヤマハッカ。

Dsc07726

ツリガネニンジン。

Dsc07727

ノコンギク。葉の表も裏も茎にも短毛があり、触れるとざらつく。

Dsc07728

ヒヨドリバナの仲間。

Dsc07729

ベニバナボロギク。

Dsc07730

ダンドボロギク。

Dsc07731

イヌタデ。

Dsc07733

台風で折れたヒノキ。何ヶ所かで大木が折れている。

Dsc07740

チカラシバ。

Dsc07741

樹木が茂って静岡空港は見えなくなったが、頂上からの駿河湾、伊豆半島、富士山の眺望が素晴らしい。

Dsc07742

茶葉の中にいるツチイナゴ。

Dsc07744

ウラギンシジミ♂。

Dsc07745

クロコノマチョウ。

Img_1861

確認できた鳥は、オナガガモ、カルガモ、コガモ、カワウ、コサギ、オオバン、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、カワラヒワ、イカル、ハイタカ 番外:カワラバト 以上18種。

Dsc07747

次回の11月17日(土)は、渡り鳥に出会えるか?楽しみだ。

|

雨で涼しい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                2018年9月15日(土)

つい先日までの猛暑がうそのような涼しさの中、藤枝市、焼津市からの8人が参集。今回も83歳の女性がマイカメラを持ってバイクで参加。

Dsc07712

渡らなかったコガモ(小鴨)の幼鳥2羽が、カルガモと(軽鴨)一緒にいる

Dsc07663

コガモの羽はまだ生え揃っていない。

Dsc07666

カルガモの羽は綺麗だ。

Dsc07668

カルガモの気分になっている?オオバン(大鷭)。

Dsc07674

カワウ(川鵜)の親と若鳥(右)。

Dsc07713

島のコムラサキ(小紫)の花の中に、コサギ(小鷺)の群れ。

Dsc07675

今年生まれたハシボソガラス(嘴細鴉)。

Dscn3077

気温は24℃、涼しい。

Dsc07693

トンボはだいぶ少なくなった。コフキトンボ(粉吹蜻蛉)。

Dsc07672

オニバスの(鬼蓮)花がまだ咲いている。

Dsc07671

鳥はとても少ないので、きょうは植物観察だ。ヒガンバナ(彼岸花)曼珠沙華が咲き始めた。

Dsc07679

ヘクソカズラ(屁糞葛)。ひどい名前だが、花はかわいい。

Dsc07678_2

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)。これも、とてつもなくひどい名前だが、花は可憐だ。

Dsc07705_2

シロバナサクラタデ(白花桜蓼)。

Dsc07680

ジュズダマ(数珠玉)。最近ではこの玉で遊ぶ子供を見かけない。

Dsc07681_4
マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)。
Dsc07683
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山午房)
Dscn3082
アキノノゲシ(秋の野芥子)。
Dscn3086
ノゲシ(野芥子)。
Dscn3088
アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)。
Dsc07698
ワルナスビ(悪茄子)。
Dsc07700
ツリガネニンンジン(釣鐘人参)。
Dscn3092
今日は雑草の勉強会になった。ハゼラン(爆蘭)。
Dsc07686
オヒシバ(雄日芝)。
Dsc07688
メヒシバ(雌日芝)。
Dsc07687
メヒシバで作った簪(かんざし)。
Dscn3085
コミカンソウ(小蜜柑草)。花の裏の実が小さいミカンのようだ。
Dsc07689
コニシキソウ(小錦草)。北アメリカ原産の帰化植物。
Dsc07691
カヤツリグサ(蚊帳吊草)。
Dsc07696
コナラ(小楢)の実。
Dsc07694
ハス(蓮)が増え続けていて、池面を覆いつくしそうだ。

Dsc07704_2



 





















カナヘビ(金蛇)。静岡では、ヘビバアさんとも言う。
Dsc07701
横にはイノシシ(猪)の足跡。爪の形もわかる。
Dsc07703
雨に煙る蓮華寺池は、人が少なく、静かだ。
Dsc07709_2
キタキチョウ(北黄蝶)。
Dsc07708
ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)。
Dsc07707
カラムシ(苧)の葉をむしゃむしゃ食べるフクラスズメ(脹雀)の幼虫。
Dscn3089
ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)。
Dsc07682
イオウイロハシリグモ(硫黄色走り蜘蛛)。
Dsc07699
ジョロウグモ(女郎蜘蛛)。
Dsc07676
観察した鳥は、カルガモ、コガモ、カワウ、コサギ、オオバン、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、メジロ、イカル、ヒヨドリ、キジバト 番外:カワラバト 以上13種。

Dsc07664

次回の10月20日(土)は、どのような季節感で、どのような生物を観察できるか、楽しみだ。

Dsc07710

|

バードフェア

JR静岡駅北口 戸田書店静岡本店(葵タワー2階)催事場で開催されている。静岡支部の会員が撮影した写真パネルの展示、野鳥に関する書籍、図鑑、野鳥の会グッズなどの販売が行われている。11月中旬まで。

Dsc_0046

|

暑さ少し和らぐ!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会              2018年8月18日(土)

藤枝市、焼津市からの8人が旧盆過ぎの暑い最中、集まった。83歳の女性はマイカメラとマイステッキを持って、今回もバイクで颯爽と参加。
カワウの雛(右の2羽)が卵からかえり、3ヶ月くらいかけて成長し、ようやく飛べるようになったが、まだ親と一緒に巣にいる。

Dscn3005

北に帰らないオオバンは、カルガモの成鳥と一緒に、このまま冬までここにいるのだろう。

Dscn3008

無事に育ったカルガモの幼鳥の羽は、生え揃う途中だ。

Dscn3024

コガモもずっといて、元気に給餌している。 Dscn3011

やけに!行儀よく佇むカルガモの幼鳥。

Dscn3023

林間では、メジロが甘い声で鳴く。

Dscn3033

前回の7月21日は、猛暑日で公園にほとんど人がいなかったが、今日は風が通ると日陰は少し涼しい。

Dscn3030

気温は27℃。散歩している人も、親子連れもいる。

Dscn3039

オニバスの花が咲いた。

Dscn3012

葉の成長も、なかなか躍動感があり綺麗だ。

Dscn3015

オニバスの花にとまるシオカラトンボ♂。

Dscn3013

シオカラトンボ♀。

Dscn3047

コフキトンボ。

Dscn3046

ハスの葉にとまるショウジョウトンボ。

Dscn3016

チョウトンボがひらひらと舞い降りた。

Dscn3021

コシアキトンボ。

Dscn3025

ウチワヤンマ。尾の〝団扇〟が大きい。

Dscn3028

タイワンウチワヤンマ。

Dscn3035

尾の〝団扇〟が小さい。

Dscn3037

蓮華寺池は、一面ハスの葉に覆われそうだ。

Dscn3049

山道にコクワガタ♀がいた。踏まないように気を付けた。

Dsc07605

サトキマダラヒカゲもひっそり佇む。

Dsc07606

富士山も、少し涼しくなって空気が澄んだのか、美しい威容を現す。

Dscn3048

ミシシッピアカミミガメの子どもが、背伸びして足を伸ばし、甲羅干ししている。

Dscn3020

ジョロウグモが出て来てくる季節となった。

Dscn3038

ミンミンゼミの声は盛大に聞こえるが、姿の観察は貴重だ。

Dscn3041

アブラゼミ。

Dscn3044

山では、エノキの実が熟してきた。

Dscn3050

観察した鳥は、カルガモ、コガモ、カワウ、オオバン、ハシボソガラス、ハシブトガラス、メジロ、スズメ、イカル 番外:コジュケイ、カワラバト 以上11種。

Dscn3009

次回の9月15日(土)は、どのような季節感で、どのような生物を観察できるか、楽しみだ。

Dscn3019

|

猛暑!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会2018年7月21日(土)

猛暑の中、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から9人が参加。国営テレビ静岡支局の「お天気お姉さん」が出発前に視察にやって来た。

Dsc07550

先月、抱卵していたカワウに雛が誕生し、かなり大きくなっているが、親からまだ餌や水をもらっている。

Dscn2999

1羽いるコガモが、何だか小さくなったように見える。

Dscn2994

カルガモ。

Dscn2956

気温は35℃、猛暑日だ。

Dsc07552

トンボは多い。ショウジョウトンボ。

Dscn2944

ウチワヤンマ。

Dscn2965

タイワンウチワヤンマ。

Dscn2952

コフキトンボ。

Dscn2971

コシアキトンボ。

Dscn2960

チョウトンボ。

Dscn2975

オオシオカラトンボ♀。

Dscn2987

クロイトトンボ。

Dscn2976

池面に風が通ると、少し涼しい。

Dscn2958

ハスの花。

Dscn2967

スイレン。

Dscn2978

カノコユリ。

Dscn2968

白色も咲いている。

Dscn2969

エゴの実。

Dscn2973

アキノタムラソウ。

Dscn2981

オトギリソウ。

Dscn2980

クサギの花。

Dscn2985

確認できた鳥は、カルガモ、コガモ、カワウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ 番外:コジュケイ、カワラバト 以上15種。

Dsc07553

次回の8月18日(土)もどんな生物を観察できるか楽しみだ。

Dscn2995

|

オオヨシキリ・コアジサシ!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                 2018年6月16日(土)

83歳で初参加の藤枝市の女性がバイクに乗って、ステッキとマイカメラをもって来てくれた。島田市から初参加の男性を含む17人が歩き始めた。

Dsc07203

コアジサシが優雅に舞う。水中にジャンピングして餌を捕獲すると巣に持って行く。飛ぶ姿が美しい。

Img_6939

                            (Photo by S.Masuda)
何年振りかで観察するオオヨシキリ。「ギョギョシ、ギョギョシ」と鳴くことから「行々子(ヨシキリ)」は夏の季語として、多くの俳句に読まれている。

Img_6923

                        (Photo by S.Masuda)
カルガモの雛1羽が親鳥の横に佇む。数羽生まれた雛も、カラスや蛇、アオサギ、猫などに食べられてしまったようだ。

Dscn2943

羽を傷めて北へ帰らなかったコガモ。

Dsc07215

こちらも、北へ渡らなかったオオバン。

Dscn2940

カワウがずっと抱卵している。

Dscn2914

山にはヤマガラ。

Dsc07236

キビタキの声に負けじと、メジロが囀る。

Dsc07229

水を替え春に綺麗になった池も、ハスとスイレンの葉が茂ってきた。

Dsc07221

スイレンの花。

Dscn2917

クロイトトンボ。

Dsc07207

コフキトンボ。

Dsc07208

アメンボウ。

Dsc07206

気温は22℃、湿気はあるが涼しい。

Dsc07214

今日は副支部長の伴野さんが静岡から参加したので、昆虫観察をじっくり行った。ラミーカミキリ。カラムシなどイラクサ科の植物の葉を食べる。

Dsc07217up

オジロアシナガゾウムシ。

Dsc07225

交尾中のコフキゾウムシ。

Dsc07227up

ハチの仲間。

Dsc07230

キハダカノコ。

Dsc07231

セマダラコガネ。

Dsc07233

キアヤヒメノメイガ。

Dsc07234up

コガネムシの仲間。

Dscn2921

キリギリスの仲間。

Dscn2929

赤ちゃんカマキリ。

Dscn2932

頂上の若王子古墳で休憩。

Dsc07224

蝶々もたくさん。ベニシジミ。

Dsc07228

ヤマトシジミ。

Dscn2920

羽が傷んだジャコウアゲハ。

Dscn2933

焼津市の虚空蔵山の肩越しに、駿河湾と伊豆半島を遠望できる。

Dsc07222

花も盛んだ。ナツツバキ。

Dsc07211

サフランモドキ。

Dsc07212

コバノカモメヅル。

Dsc07219

毒を有するワルナスビ。

Dsc07220

タブノキの実。

Dsc07223

マユリ。

Dscn2916

ネジリバナ。

Dscn2918

いろいろな種類のアジサイが色鮮やかだ。

Dscn2923

ナラタケ属のキノコ。

Dscn2924

マムシグサの実。まだ熟していないので緑色。

Dscn2927

マメガキ。

Dscn2928

ネムノキの花。

Dscn2939

最後に、島田市の藤本さんが水槽に入れて見せてくれた、京都産のカブトエビとホウネンエビ。

Dsc07204

確認できた鳥は、カルガモ、コガモ、カワウ、ダイサギ、オオバン、コアジサシ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、サンショウクイ、ウグイス、オオヨシキリ、メジロ、キビタキ、スズメ、カワラヒワ 番外:カワラバト 以上20種類。

Dscn2942

鳥は少なかったが、昆虫と植物観察を堪能できた。
次回の7月21日(土)はどんな生物を観察できるか楽しみだ。

Dsc07238

|

快晴で暑い!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会          2018年5月19日(土)

雨予報で、雨合羽と長靴を準備していたが、快晴、30℃予報。
藤枝市の初参加の3人を含む、藤枝市、島田市、焼津市からの15人が参加。

Dsc07184

先月に続き、カワウが抱卵している。顔つきが真剣だ。

P1070829

♂が時々餌を運んでくる。

P1070830

砂浴びしている巣立ったばかりのスズメの雛が、親鳥から餌をもらう。

P1070834

オオバンが羽繕いする。

Dsc07193

たまには、ハシボソガラスにも登場してもらおう。

Dsc07195

とんぼが出て来た。コフキトンボ。

Dsc07185

セスジイトトンボ。

Dscn2900

アメンボウも沢山いる。

Dscn2899

島にはなんと!スッポン。

P1070831

ミシシッピアカミミガメがだんだん大きくなっている。

Dscn2894

9時半の気温は26℃。風が吹くと爽やかな日だ。

Dsc07188

スイレンの花が咲きだした。

Dsc07187

センダンの花が散っている。

P1070833

ナツヅタに花の蕾が付いている。

Dscn2905

ガマズミの花。

Dscn2906

ウラシマソウに実がついている。

Dscn2907

ママコノシリヌグイの花は可憐だ。

Dscn2908

観察した鳥は、カルガモ、コガモ、カワウ、オオバン、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、サンショウクイ、ウグイス、メジロ、キビタキ、スズメ、カワラヒワ 番外:コジュケイ、カワラバト 以上20種類

Dscn2896

次回の6月16日(土)は梅雨の最中で、どのような鳥や生物を観察できるか…楽しみだ。

Dsc07191

 

|

«爽やかな季節の藤枝市蓮華寺池公園探鳥会               2018年4月21日(土)