キビタキなどを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会      平成31年4月20日(土)

3月に野鳥の会会員になったばかりで探鳥会に初参加の静岡市から来た一眼レフカメラを持つ男性をはじめ、藤枝市、島田市、焼津市から13人が集まり、池畔を歩き始めた。

Dsc08470

今年の桜は長く楽しめ、桜吹雪の池にカルガモが泳ぐ。左から、♀♀♂♀♂か?

Dsc08472

カルガモ♂。♀と比べると、羽の縁にある白い輪郭が薄く、頭頂の黒い部分が濃い。わっかるっかなあ…?

Dsc08471

オオバンはずいぶん少なくなった。

Dscn3455

カイツブリ数羽が優雅に泳ぐ。

Dscn3474

藤まつりが、きょうから5月5日(日)まで開催され、近場の駐車場は有料になった。

Dsc08474

鯉のぼりが池の上に沢山泳いでいる。

Dscn3460

山にはキビタキ。

Dsc08487

竹林の中で優雅に佇む。

Dscn3471

シメも多い(右向き)。

Dsc08490

シメ(左向き)。

Dsc08491 

アオジ。

Dscn3461

山頂からは、駿河湾と伊豆半島が遠望できる。

Dsc08489

山の上から見下ろす池と鯉のぼり。長閑だなあ。

Dsc08483_1

フジの色がもう濃くなってきた。

Dsc08476

フジと八重のサトザクラが一緒に観賞できる。

Dsc08475

サトザクラの花が見頃だ。

Dscn3464_1

ツツジも咲きだした。

Dsc08479

池畔は日々、益々色鮮やかになっている。

Dsc08473

ジャコウアゲハが産卵のために?飛んでいる。

Dscn3470

ナナホシテントウの成虫。

Dsc08482

ナナホシテントウの幼虫4齢。

Dsc08481

気温は17℃、予想最高気温は20℃、爽やかだ。

Dsc08480

沢山のウラシマソウが生育している。

Dsc08486

コウゾリナ(剃刀菜)の黄色い花が鮮やかだ。

Dsc08484

ムラサキケマン。

Dscn3463

キランソウ(地獄の釜の蓋)。薬草として昔は珍重され、地獄に落ちないように蓋をしてくれる植物。

Dscn3472

ユリカモメやカモ類は北へ帰ってしまった。

観察した鳥は、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、バン、オオバン、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、メジロ、ツグミ、アカハラ、キビタキ、オオルリ、スズメ、カワラヒワ、イカル、シメ、アオジ 番外:カワラバト  以上27種。

Dsc08492

次回の令和元年5月18日(土)は、どのような鳥を、あるいは昆虫、植物を観察できるか、楽しみだ。

Dscn3459

|

植物観察も楽しい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会         2019年3月16日(土)

初参加の藤枝市の女性を始め、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市、浜松市から16人が参加。

Dsc08314

コサギと繁殖羽のカワウが、島で出迎えてくれた。

Dsc08315

バンが元気に泳ぐ。

Dscn3411

餌を求めて集まるオオバン。

Dsc08334

カルガモのペア。

Dsc08333

餌を取りにすぐに潜るカイツブリ。

Dscn3410

整列するユリカモメ。

Img_2146

新年度中学2年になる浜松市の中学生の兄、新大学3年生が、春休みで北海道から初めて参加した。

Dsc08318

ヤマザクラが咲いている。

Dscn3433

ソメイヨシノなどと異なり、花が若葉と同時に開花するため、若葉の赤味が混ざって見える。

Dscn3440

静かに咲く風情が、なかなかいい。

Dscn3441

沢山のメジロが、花の蜜をさかんに吸っている。

Img_2148

山にはヤマガラ。

Dsc08325

カワラヒワ。

Img_2155

綺麗なキジバトにも、たまには登場してもらおう。

Dscn3432

今日はルートを替えて、スミレ類を観察することにする。違う角度から眺める蓮華寺池。

Dsc08317

早速、コスミレを発見。花や草姿がタチツボスミレに似ているが、小型のため、この名が付けられた。

Dscn3416

アオイスミレ。葉がフタバアオイに似ているから、この名が付けられた。

Dscn3425

フモトスミレ。

Dscn3442

ヒメスミレ。花はそれほど小さくないが、草丈が10cmほどで小さくて可愛らしい。

Dscn3450

日本のスミレの仲間は、変種も含めると、50~70種類にも及ぶと言われ、見分けるのは大変だ。今日は曇り空で、景色の遠望はできない。

Dsc08332

ショウジョウバカマがたくさん咲いている。猩猩(しょうじょう)とは「赤っぽい色」のこと。

Dscn3422

ツクシが出ている。

Dscn3421

ニホンタンポポもたくさん。

Dsc08330

ベニシジミが、もう飛んでいる。

Dscn3449

ウラシマソウが生えて来た。〝釣り糸〟がすでにできている。

Dsc08331

レンゲも咲いている。

Dscn3429

バルボコディウム。小型原種スイセンの代表的な種類で、ヨーロッパ南西部や北アフリカに広く自生しているとのこと。

Dscn3452

樹木の観察も行った。

Dsc08321

クヌギの雄花が咲いている。

Dsc08320

雌花はとても小さく、先が3つに分かれている。

Dsc08322

タブノキにも花芽がついている。

Dsc08327

ヒサカキの花がかなり強く香る。

Dscn3420

気温15℃だが、曇天で風は冷たい。

Dsc08328

確認できた鳥は、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ハシボソガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、ツグミ、シロハラ、スズメ、カワラヒワ、イカル、シメ 番外:カワラバト 以上25種類

Dsc08326

次回の4月20日(土)は、どんな春鳥を見ることができるか、楽しみだ。

Dsc08335

|

快晴続き!北海道東探鳥会 2019年3月2日(土)~4日(月)

羽田空港12:15発のジェットで飛び立つと、眼下にレインボーブリッジ、東京湾がきれいに見渡せた。

Dsc08223
すぐに、南北アルプスや雪化粧の富士山が目の前に広がる。

Dsc08225

空港から牧場・別海町ミルクワールドに直行し見学。約1000頭の乳牛が飼育されている。

Dsc08241

この日生まれたばかりの仔牛と母牛。

Dsc08256

牧場の一角に、なんと!タンチョウ2羽が舞い降りてきた。

Dsc08249

なかなか優雅な姿に皆、見惚れる。

Dsc08250

鳴き声はもちろん、息遣いまで聞こえてきそうな近距離で観察。

Img_2037

夕食は、根室市内の回転寿司で「二階建て生ほたて寿司」などを食べて盛り上がる。

Dsc082602

2日目早朝は朝食前に、ときわ台公園などで探鳥。ゴジュウカラ、シメ、シマエナガ、アカゲラなどを観察。

Dsc08262

歯舞港にはコオリガモ♂。

Img_2054

クロガモ多数。

Img_2099

スズガモ。

Img_2052

ヒメウ。

Img_2051

一路、納沙布岬に。

Dsc08269

シノリガモ多数。

Img_2061

シノリガモが目的で観察していた外国人グループに出会った。

Img_2063

ワシカモメ。

Img_2057

ホオジロガモ。

Img_2073

岩の上のオオワシ。

Img_2074

崖のオジロワシ。

Img_2075

ゴマフアザラシ7頭が、優雅に気持ちよさそうに、海中を浮遊していた。

Img_2068

春国岱では、オオハクチョウが北帰行の支度をしている模様。

Dsc08286

春国岱原生野鳥公園は気持ちよい樹林だ。

Dsc08275

コゲラが顔を見せる。

Dsc08272

立派な角のエゾシカが餌を探して歩く。4齢だ。

Img_2112

塩水なのに凍っている。

Dsc08284

3日目は早朝出発で明治公園に。

Dsc08297

ハシブトガラ。

Dsc08296

ツグミ。

Img_2114
一路、野付半島へ。

Dsc08300

遥か沖合に浮かぶケイマフリ冬羽。

Img_2135

キタキツネが寄ってきた。野付では、ハギマシコを探すオランダ人男女3人に出会った。

Dsc08306

尾岱沼港には、シロカモメが多数。

Img_2119

ウミアイサも多数。

Img_2127

港は凍っている。

Dsc08299

冬の北海道は、スノーブーツかゴム長靴が威力を発揮する。快適な足回りだった。

Dsc08313

増田静岡支部長をはじめ、野鳥だより12月号を見て応募した藤枝市、島田市、静岡市からの参加者。最高気温2~3℃、最低気温マイナス6℃の中、ほぼ全日程快晴で、充実した探鳥会だった。

65469jpg1

根室中標津空港14:30発の上空から見た大地は、まだまだ凍っていた。

Dsc08229

|

ウグイスの初鳴きを観察!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会       2019年2月16日(土)

焼津市から初参加の女性を含む、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市からの15人が池畔を歩き始めた。この日は、ウグイスの初鳴きを観察。練習の成果!か、既にかなり上手に鳴いている。

Dsc08197

ユリカモメがすぐに出迎えてくれた。100羽くらいいる。

Dsc08198

オナガガモ。

Dsc08199

カルガモもユリカモメと一緒に泳ぐ。

Dscn3370

カイツブリ数羽はすぐに潜水する。

Dscn3351

バンは嘴が綺麗だ。

Dscn3375

コガモが2羽。

Dscn3373

島にはコサギの群れ。

Img_2029

カワウとコサギのツーショット。

Img_2030

ゴイサギも池のヨシ原の中にいる。

Img_2026

この日は、木に〝生る〟ゴイサギ群も観察。

Dscn3372

気温は14℃。風は冷たいが、熱心に観察していると、脳を使うせいか?暖かい。

Dsc08202

きょうも焼津市の虚空蔵山、駿河湾、伊豆半島、左に雪の少ない富士山が展望できる。

Dsc08203

冬の蓮華寺池は、ハスがよく清掃され、綺麗だ。

Dsc08204

水飲み場にシロハラがやって来た。凛々しい。

Dscn3357

ヒヨドリがツーショットを見せる。

Dscn3360

たまには、アップで登場してもらおう。

Dscn3361

メジロは、水浴びしながら水分補給。

Dscn3362

樹木の上ではよく動き回り、なかなか捉えることはできないが、アップの顔はかわいい。

Dscn3367

頂上の若王子古墳群で休憩。気持ちの良い青空と雲だ。

Dsc08208

山にはイカル。聞きなしの〝お菊二十四歳〟は、なかなかいい姿をしている。

Img_2024

紅梅が見頃になってきた。

Dscn3377

寒緋桜が咲いている。

Dscn3380

河津桜も咲いている。

Dscn3381

観察した鳥は、オナガガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、ツグミ、シロハラ、スズメ、カワラヒワ、イカル、シメ、アオジ 番外:ガビチョウ、カワラバト 以上31種。

Dsc08210

次回の3月16日(土)は、どのような〝春鳥〟を観察できるか…楽しみだ。

Dscn3368

|

参加者多数の駿河湾フェリー探鳥会 2019年2月10日(日)

静岡市、藤枝市、島田市、そして息子さんが静岡で働いていて3連休に遊びに来たという高知県支部の男性と息子さん、裾野市からやって来た望遠レンズ付きカメラを持った男性など、寒風の中、計10人の男女が参加した。因みに、担当の増田静岡支部長はインフルエンザで参加できなかった。

Dsc08177

富士山満喫きっぷは、静岡~熱海間のJRなどの交通機関が1日乗り放題なので、お得だ。

Dsc08174

静岡県内に宿泊し、乗用車で乗船すると2000円がキャッシュバックされる航路存続のための企画もあり(2019年2月24日まで)、車も乗船客も思っていたよりも多い。

Dsc08175

曇天の下、10時45分出港。

Dsc08178

港内にはユリカモメやカンムリカイツブリが浮かぶ。

Dsc08194

ケイマフリやウトウは勿論、お目当てのウミスズメ類、トウゾクカモメなどはこの日、駿河湾には出なかった。

Dsc08179

県条例で2月23日は「富士山の日」に制定されているので、この航路は「県道223(ふじさん)」と呼ばれている。

Dsc08192

70分の航海で土肥港に到着。

Dsc08182

カワウが出迎えてくれた。

Dsc08181

土肥桜が8分咲きだ。

Dsc08183

船上のデッキで海産物焼きなどの昼食。

Dsc08186

県道223黄金饅頭も美味そうだった。

Dsc08185

デッキにはトリックアートもあり、家族が楽しんでいた。

Dsc08189

最高気温10℃、風は冷たい。

Dsc08188

下船せず、そのまま清水港に向かう。

Dsc08190

目当ての鳥は観察できず、富士山も見ることはできなかったが、ゆったりと楽しい探鳥会だった。

Dsc08184

|

大勢の一般参加者で賑わう!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2019年1月19日(土)

快晴の下、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市を始め、浜松市や磐田市から一般の方たちを含めて、総勢36人が参加。過去最高の参加者数だ。日本野鳥の会が発行する全国の「バードウォッチング Winter 2019年1月~3月号」に案内が掲載されたおかげで、盛況となり、列をなして歩き始めた。

Dsc08137_3

ユリカモメがさっそく迎えてくれた。

Dsc08140_2

全部で100羽くらいの数。

Dsc08169

オナガガモ ♂♀。

Dscn3293

カルガモ。

Dsc08145

バン。

Dsc08167

オオバン。

Dsc08141

カイツブリがよく潜水する。6羽くらいいる。

Img_1986

蓮華寺池には珍しく、キンクロハジロが9羽。

Img_2019

ホシハジロも10羽。

Img_2021

コサギが佇む。

Dsc08144

島にはゴイサギの群れ。

Dsc08152

ゴイサギ成鳥。

Img_2002

ゴイサギ幼鳥、所謂ホシゴイ。

Dscn3307

カワウ。Img_1982

カワウは島で営巣するつもりか?

Dscn3291

散歩する人たちより、バードウォッチャーの方が多い?くらいだ(大げさな)。

Dscn3297

気温は6℃だが、陽光を浴びると、かなり暖かい感じ。

Img_2003

山にはシメ。

Img_1987

凛々しい顔が順光で映える。

Img_1988

ビンズイが、久しぶりに草の間に顔を出す。

Dscn3323

コゲラも出現。

Img_1995

ジョウビタキは、背中の〝紋付〟だけでなく、胸の色も鮮やかだ。

Dscn3317

ヤマガラ。

Img_2006

一生懸命に木の表皮をつつく。

Img_2011

シロハラはハゼの実を食す。

Img_2013

カワラヒワもいろいろな木の実を食べる。

Dsc08161

頂上の若王子古墳群で休憩。

Dsc08165

霊峰富士がそびえる。

Dsc08163

志太平野の向こうに駿河湾、そしてその先に伊豆半島が遠望できる。

Dsc08164

雲ひとつない快晴が広がり、蓮華寺池が静かに水を湛える。

Dsc08158

フユザクラが咲いている。

Dscn3324

冬と4月の年2回、開花する。

Dsc08154

紅梅が咲き始めた。

Dscn3335_2

これから2月にかけてが見ごろだ。

Dscn3334

観察した鳥は…オナガガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、トビ、ノスリ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミ、シロハラ、スズメ、ハクセキレイ、ビンズイ、リュウキュウサンショウクイ、カワラヒワ、イカル、シメ、アオジ  番外:カワラバト 以上37種

Img_2022

次回の2月16日(土)は、寒中の探鳥会だけに、どのような冬鳥が観察できるか楽しみだ。

Dsc08162

|

年末でも暖かい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会              2018年12月15日(土)

藤枝市、島田市、焼津市から12人が参加。毎回83歳の女性がマイカメラ、マイステッキで颯爽とバイクで登場。数年ぶりの女性もメモ帳を手に久しぶりに参加。

Dsc08057

歩き始めると、ユリカモメが人からの餌を求めて群舞している。

Dsc08059

ざっと80羽。

Dsc08055

かわい!凛々しい!顔立ちだ。

Dsc08056

蓮華寺池では珍しいヒドリガモ。美しい!

Img_1970

オナガガモも沢山泳ぐ。

Dsc08058

カイツブリは餌を求めて、すぐ潜水する。

Img_1979

ホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)とゴイサギ成鳥。

Img_1961

アオサギが羽繕いする。

Img_1960

この後ろ姿は、バン。

Img_1962

島にはコサギが群れで佇む。

Img_1978

カワウが「集団追い込み漁」でもする気か?

Img_1963

気温は8℃だが、風がないので暖かい。防寒着を1枚脱ぐ。

Dsc08061

快晴なので、焼津市の虚空蔵山の向こうに、駿河湾、そして伊豆半島が望遠できる。

Dsc08063

ハスが取り除かれ、池が綺麗になった。

Dsc08062

山にはイカル。

Img_1947

〝二十四歳のお菊さん〟(イカルの聞きなし)は、案外ふっくらしている。

Img_1957_2

シメも登場。目と嘴に愛嬌がある。

Img_1965

ツグミ。

Img_1943

お腹の斑模様が鮮やかだ。

Img_1944

モズ♀が精悍に獲物を狙うが、かわいい表情も見せる。

Img_1940

頂上の若王子古墳群で休憩。

Dsc08065

サネカズラを発見。昔、蔓から粘液を取って整髪料に使われたことから、別名、ビナン(美男)カズラともいう。

Dsc08064

確認した鳥は、オナガガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、イカル、シメ 番外:カワラバト 以上30種。

Img_1973

次回の1月19日(土)は、どんな鳥に出会えるか楽しみだ。

Img_1939_2

|

望年会!盛会 2018年12月9日(日)

静岡市鷹匠のもくせい会館には、会員約40人が参加した。

Dsc08023
増田章二静岡支部長が1年を振り返り挨拶。

Dsc08002
小泉金次幹事が、7年以上に渡る「野鳥便り鳥信」取りまとめの功績で、表彰された。

Dsc08004
記念の賞品は日本野鳥の会のアウトドアグローブ。嬉しそうな小泉氏。

Dsc08005
続いて、佐野聡幹事による2018重大ニュースの発表。①6月5日 シロエリオオハム夏羽。

Dsc08008
②9月5日 アメリカウズラシギ成鳥。

Dsc08010
③9月6日 オオアジサシ。

Dsc08011
④9月28日 オオグンカンドリ幼鳥。

Dsc08012
⑤10月4日 コウノトリ。(左から5月8日生まれの♂、2016年3月18日生まれの〝ひかる〟♂、2017年生まれの♂)

Dsc08013
⑥10月9日 ミヤコドリ。

Dsc08014
⑦10月18日~19日 第18回ライチョウ会議に増田支部長と朝倉俊治副支部長が参加、発表。

Dsc08017
⑧10月26日 アカマシコ幼鳥。

Dsc08018
⑨10月31日 イヌワシ。

Dsc08019
⑩11月2日 アカガシラサギ。今年も充実した観察ができた。

Dsc08020
そして講演は、認定NPO法人バードリサーチ代表で理学博士の植田睦之氏による「全国鳥類繁殖分布調査で分かってきた日本の鳥の分布変化について」。

Dsc08024
この調査は、1970年代と1990年代に環境省の調査として実施された全国約2300のコース調査などを行い、2020年までに日本で繁殖するすべての種の分布を描くもの。

Dsc08030
複数の団体が行う「鳥の国勢調査」だ。

Dsc08031
外来種ガビチョウの分布変化。繁殖コースは増えている。

Dsc08033
キツツキ科の種による分布の違い。

Dsc08034
ホオジロ科の種による分布の違い。

Dsc08035
分布が縮小している鳥。

Dsc08036
分布が拡大している鳥。

Dsc08039
全国的な鳥の分布の増減。

Dsc08037
静岡県など中部太平洋側の鳥の分布の増減。

Dsc08040
13歳男子、16歳男子、80歳代女性など、熱心に聴講する参加者。

Dsc08022
サンショウクイの分布変化。

Dsc08041
リュウキュウサンショウクイが増えている。

Dsc08047
センダイムシクイと托卵するツツドリの関係など、地域で違いのある鳥。

Dsc08042
ジョウビタキ、ミヤマホウジロ、カラアカハラなど、新たに繁殖し始めた鳥。

Dsc08043
調査方法はHPで詳しくわかる。 https://www.bird-atlas.jp/ 

Dsc08044
二次会は、最高齢87歳の富永さんの乾杯で開会。

Dsc08048
増田支部長による「小笠原探鳥クイズ」で盛り上がった。

Dsc08052
片田さんによる「鳥の名前ビンゴ」ゲームは楽しいが、酔いが回った。

Dsc08049
2019年もたくさんの鳥を観察したいものだ。

Dsc08053

|

秋晴れで爽快!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                2018年11月18日(土)

藤枝市、島田市、焼津市から14人が参加。バイクで参加の82歳女性も、杖を付きながら颯爽と歩き、鳥や植物を撮影する。

Dsc07935

2羽のユリカモメが海からやって来た。

Dscn3274

💛ハートのライト・イルミネーション(夜間点灯)の中に映える。

Dscn3272

海と陸内の池がつながるようで、気持ちが豊かになる。

Img_1931

オナガガモが増えた。

Dsc07934

バンとオオバンが仲良く泳ぐDscn3241

コサギも数羽。Img_1932

蓮華寺池は豊かな餌場のようだ。Dscn3244

カワウの羽は水分をはじかないので、羽を広げて乾かす。

Img_1928

ゴイサギも島に多数。

Dscn3247

昔の五位の冠位の烏帽子が見れるか?…

Img_1919

アオサギが鋭い目つきで、優雅に佇む。

Img_1918

9時半の気温は17℃。予想最高気温は22℃。

Dsc07939

爽やかな秋空と飛行機雲が広がる。

Dsc07947

山にはシジュウカラ。

Img_1920

ツブラジイの実を拾って、さかんに割って食べる。

Img_1922

日向は暑いくらいだが、日陰の体感温度は気分爽快。

Dsc07943

発掘調査が進行しているのか、益々整備されて増えた頂上の若王子古墳群で休憩。

Dsc07944

富士の山がくっきりと聳え立つ。

Dsc07945

暖かいせいか、チョウが飛び交う。ヤブマオなどのイラクサ科が食草のアカタテハ。

Dscn3262

この後、オオカマキリニ捕食されそうになった。

Dsc07941

ムラサキシジミ♂。♀はもっと暗い茶色。

Dscn3265

トンボもまだ飛ぶ。マユタテアカネ。

Dsc07936

フユノハナワラビが咲き始めた。群落がある。

Dsc07942

観察した鳥は、オナガガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、 ユリカモメ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、 ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、イカル、シメ、オオタカ 番外:カワラバト 以上27種。

Img_1930

次回の12月15日(土)はもっと沢山の冬鳥を観察できるか?楽しみだ。

Img_1929

|

第26回日本野鳥の会中部ブロック会議 新潟大会                   2018年11月3日(土)~5日(月)

「日本の自然 鳥類の生息環境と保全」をテーマに、中部地域の10県、17支部が新潟県新潟市の「水の駅ビュー福島潟」に集合した。伴野正志、朝倉俊治両副支部長などが参加した(※会議の内容は、野鳥だよりに掲載予定)。

会議会場の目の前は、〝オオヒシクイとオニバスの里 水の公園「福島潟」〟。

Dscn3142

会議の合間に冬鳥を観察した。ペアのコハクチョウ。

Dsc07786

オオヒシクイとマガン。

Dsc07805

上空にもオオヒシクイ、マガン、カモ類が飛び交う。

Dsc07806

遠くの中州には、チュウヒやノスリが舞う。

Dscn3146

東正面には五頭連峰がくっきり聳える。

Dscn3144

さて、二日目は早朝5時起床で、近くの鳥屋野潟で探鳥会。

Dsc07829

JR新潟駅から1.5kmに位置するが、市街地に残る水どりのオアシスだ。

Dsc07831

毎週金曜に野鳥の会新潟県の副会長さんがカウントするそうで、10月26日(金)現在5200羽以上のコハクチョウを数え、過去最高。

Dsc07832

6月頃シベリア」などで生まれた幼鳥も中に混じる。

Dsc07838

3~5羽くらいの家族で行動する。

Dsc07840

はるばる数千kmを渡ってきて、水田の落穂や水草を食べて、体力をつける。

Dsc07852

会議の運営、宿泊、探鳥会など、幹事の野鳥の会新潟県、佐渡支部の皆さんには大変お世話になり感謝。

Dsc07860

また、約40年前に静岡支部の会員だった当時、静岡大学生の方が、故郷の佐渡で大規模米作を営んでいて、佐渡支部に所属し、トキの環境保全に貢献していることも聞き、感激した。

|

«快晴で心地よい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会           2018年10月20日(土)