カンムリカイツブリ夏羽・シメ 藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2020年3月21日(土)

のどかな快晴の春の日に、新型コロナウイルスに立ち向かう!?バイクで参加のおなじみ84歳女性をはじめ、初参加の焼津市男性、約2年ぶりに参加の静岡市のDKさんなど、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から15人が参集。

Dsc09616

歩き始めると、夏羽のカンムリカイツブリがよく潜水している。

Img_2582

カイツブリもたくさん泳ぐ。

Img_2587

目がかわいい。

Img_2586

島にはコサギ。

Dsc09617

カワウが羽繕いする。

Dsc09618

池畔の桜の木にたくさんのゴイサギが佇む。

Dsc09621

ホシゴイ(幼鳥)もいる。

Dsc09622

島には、甲羅干しをするミシシッピアカミミガメがたくさん。

Dsc09620

気温は17℃、風がなく暖かい。

Img_2581

山にはシメ。

Img_2576

綺麗な色模様だが、なかなかのコワモテだ。

Img_2579

カワラヒワがセンダンの実を食べる。

Dsc09640

ヤマザクラの花が風に舞う。

Dscn4053

ソメイヨシノと異なり、花と葉を一緒に鑑賞できる。古典文学にあるように、やはり「桜は山桜」。

Dsc09630

快晴の今日も、左から、焼津市の高草山、花沢山、虚空蔵尊、その向こうに駿河湾、そして伊豆半島が遠望できる。

Dsc09632

山の斜面にはショウジョウバカマ。

Dscn4052

ツツジの花が咲き始めた。

Dsc09624

トサミズキの花が満開で美しい。

Dscn4045

シデコブシの花が見頃だ。

Dsc09623

ノアザミの花も綺麗だ。

Dscn4047

ジロボウエンゴサクが可憐に咲く。

Dsc09635

ウラシマソウの花がもう咲きだした。

Dsc09639

セイヨウタンポポもたくさん。

Dscn4048

新型ウイルス騒動で遊ぶ場所がなく、蓮華寺池公園も親子連れが多い。

Dsc09643

観察した鳥は、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、シメ、カワラヒワ、アオジ 番外:カワラバト 以上28種。

Dsc09644

次回の4月18日(土)はどのような鳥、植物に出会えるか、楽しみだ。

Img_2573

|

メジロがたくさん!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2020年2月15日(土)

明け方に雨が上がり足場の悪い中、すごく久しぶりに二回目参加の藤枝市の一眼レフカメラを持つ男性、初参加の同じく一眼レフカメラを持つ焼津市の男性を含む、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市からの14人が参加。84歳の原付バイクで来た女性は、風邪を皆にうつすといけないからと、顔だけ見せてすぐに帰宅。心づかいがうれしい。 

Dsc09593

池には若いカンムリカイツブリ。

Img_2550

カイツブリも泳ぐ。

Dscn4035

カルガモの♀(向こう側)と♂(こちら側)、性別がよくわかる。

Dscn4011

オナガガモがゆったり休む。

Dscn4012

コサギもくつろぐ。

Dscn4002

カワウが雨上がりで、羽を干す。

Dscn4008

ユリカモメが勢ぞろい。

Dsc09610

釣り糸で負傷したのか? 左足が壊死状態のユリカモメも一生懸命、生きようとしている。

Dscn4037

河津桜が満開だ。

Dscn4003

気温は11℃だが、風がなくそれほど寒くない。

Dsc09594

山にはメジロがたくさん。白梅の蜜を吸う。

Dscn4032

コゲラも多い。

Dscn4026

最小のキツツキは、嘴は鋭いが、目は可愛い。

Img_2558

後ろ姿もなかなか綺麗だ。

Dscn4021

ジョウビタキもたくさんいる、♂。

Dsc09600

もちろん♀も。

Img_2560

愛らしい♀の顔と容姿。

Img_2563

紋付も素敵だ。

Img_2559

ツグミの群れ。

Img_2566

なかなか凛々しい顔をしている。

Img_2567

ジジュウカラ。

Dsc09598

コナラの新芽が鮮やかだ。

Dscn4023

今年は暖かいためか、クサイチゴが実り始めている。葉はトゲトゲだが、花が綺麗だ。

Dscn4028

シデコブシの花が開き始めた。

Dscn4015

梅は見ごろ。

Dsc09603

山の途中で休憩。

Dsc09596

曇っているが、焼津市の虚空蔵尊と、遠くに伊豆半島がかすかに遠望できる。

Dsc09595

確認できた鳥は、カルガモ、オナガガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ビンズイ、シメ、イカル、カワラヒワ 番外:カワラバト 以上31種類。 

Dscn3996

次回の3月21日(土)は、赤い鳥や青い鳥を見ることができるか? ヤマザクラは咲いているか? ショウジョウバカマは花開いているか? どのような自然を観察できるか、楽しみだ。

Dsc09604  

|

鹿児島・佐賀・福岡探鳥会 2020年2月1日(土)~3日(月)

ツルやミヤコドリ、クロツラヘラサギ、ヘラサギ、ツクシガモなど、静岡県ではなかなか観察できない鳥を見ようと、2泊3日の探鳥旅行に会員8人が参加した。2月1日(土)昼前、「新型コロナウイルスによる肺炎」を水際で阻止しようと厳戒態勢?の静岡空港をマスクを装着してFDAで出発した。眼下に御前崎が綺麗に見える。

Dsc0952420200201

あっという間に鹿児島空港に到着し、レンタカーで出水市ツル観察センターへ。

Dsc09557

ツルフェスタが開催されていて、立ち入り規制区域やマイカー規制の社会実験が行われている中、多くのツルが出迎えてくれた。

Img_2391

ナベヅル。

Dsc09530

マナヅル。

Img_2392

そして、初観察のアネハヅル。ヒマラヤ超えの途中で、間違えて日本に来てしまったか?

Img_2421

図鑑の通り、かなり小型だが、胸の羽が素晴らしく綺麗だ。

Img_2412


でも遠い。

Img_2420

さらに、カナダヅル。

Dscn3946

おなかの赤茶色模様が素敵だ。

Dscn3953

飛ぶナベヅル。

Dsc0954820200202

タゲリも多数いる。

Dsc09543


ミヤマガラスが多い。「今夜何するか…」と相談中か。


Img_2456


コクマルガラスもいる。

Img_2445


ホシムクドリの群れ。

Img_2428


鮮やかな星模様だ。

Img_2431

ニュウナイスズメの群れ。

Img_2435

久し振りにアップの顔を見た。

Img_2438

夕陽と塒入りするツル。

Dsc09545

2月2日(日)の数は、アネハヅル 1羽、カナダヅル7羽、ナベヅル14,967羽、マナヅル546羽、その他8羽、計15,529羽。

Dscn3970

2月2日(日)は、鹿児島県の出水から佐賀県の「東よか干潟」にロングドライブ。

Dsc09566

満潮時間の13時39分になっても、「小潮」のため海が遠い。

Dscn3977

ツクシガモ多数。

Img_2492

ズグロカモメが餌の蟹を捕獲。

Dsc09564

ラムサール条約湿地に登録されているだけあり、シギチもたくさんいる。ダイシャクシギ。

Img_2476

佐賀県の東よか干潟近くの麦畑でカササギを発見。

Img_2496

2月3日(月)は、宿泊した久留米市から福岡市に移動し、和白干潟と今津干潟へ。和白干潟では、お目当てのミヤコドリ16羽がはるばる静岡からのバードウォッチャーを出迎えてくれた。

Img_2515

なぜかウミネコ1羽が一緒にいて、ミヤコドリガ飛び立ち場所を変えても離れない。

Img_2517

嘴の赤色が鮮やかだ。

Img_2524

300羽くらいのホオジロガモが帯のように海面に佇む中、ミサゴがRKBラジオの送信アンテナで捕食中。

Dsc0957320200203

今津干潟の池では、クロツラヘラサギとヘラサギが塒入りを待つ。

Img_2529

嘴の先端が黄色のヘラサギ。

Img_2547

嘴が全部真っ黒で、目のあたりまで黒色のがクロツラヘラサギ。

Img_2540

ヘラサギのほうが10センチメートルくらい大きい。

Img_2539

両方とも「絶滅危惧種」だ。

Img_2534

さて筆者は、たくさんの鳥観察もしたが、移動の道すがら途中で2か所、歴史探訪の寄り道をした。一つ目は2月2日(日)に佐賀県の吉野ケ里歴史公園。

Dsc09567

吉野ケ里歴史公園のホウジロ。古代と同じであろう鳴き声が美しい。

Dsc09572

紀元1~3世紀の弥生時代後期遺跡は、悠久の人々の英知と営みがひしひしと感じられ、素晴らしい。

Dsc09568

1,000人くらいの集落が約700年間も継続し、祭殿や物見櫓、首長を葬る墳丘墓(ふんきゅうぼ)やたくさんの埋葬された甕棺墓列(かめかんぼれつ)は圧巻だ。

Dsc09569

二つ目の歴史探訪 は2月3日(月)の志賀島(しかのしま)。歴史の教科書で習って知っている日本人がほとんどでしょう。和白干潟から車で約20分。海の中道を爽快に走ると、道路の両側に海と砂浜。すぐに「金印公園」に到着。

Dsc09577

金印レプリカ。

Dsc09579

「漢倭奴国王」と刻まれている金印の謎は奥深いようだ。

Dsc09580

海岸を車で気持ちよく走っていると、ミサゴの巣を発見。さすが志賀島。

Dscn3988

岩場で巣を守りながら、採餌する姿に感動。

Dscn3989

いざ!ご出動!精悍だ。

Dscn3993

今回の探鳥会は、バードウォッチングは勿論、九州の「異文化」「食」にも触れることができて、3日間の日程を堪能した。

Img_2514

次の県外探鳥会はどこに行くのか・・・楽しみだ。

|

雨の藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2020年1月18日(土)

〝全天候型〟探鳥会を標榜するだけあって、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から雨装備で11人が参加。静岡市から参加の女性Oさんは、家庭の事情から探鳥会に参加するのは数年ぶり、蓮華寺池公園探鳥会に参加するのは十年ぶりとのこと。大歓迎なので、是非、毎月参加してほしいものだ。また、数キロメートル離れた自宅から長靴と雨合羽だけで傘を使わず、45分掛けて楽しみながら歩いてきた強者もいる。

Dsc09398

100羽以上のユリカモメが出迎えてくれた。

Dsc09401

幼鳥も成長も、肉眼でよく観察できるほど近くに佇む。水辺側は、左から、生まれて1年以内の幼鳥2羽と3年以上の成鳥2羽。手前側は、幼鳥、成鳥、幼鳥。よく学習できた。

Dsc09432

ハジロカイツブリが頻繁に潜水して餌を探す。

Dsc09441

赤い目が綺麗だ。

Dsc09442

カイツブリも2羽いる。

Dsc09433

オナガガモ多数。

Dscn3927

カワウ。

Dsc09435

島にはゴイサギの群れ。

Dsc09405

ヨシの中にコサギ。

Dsc09404

池畔には歩くバン。

Dscn3919

歩くオオバン。

Dsc09402

歩くユリカモメ。

Dsc09403

気温は6℃。風がないので、それほど寒く感じない。

Dsc09409

山には小鳥がたくさん。ジョウビタキ♂。

Dsc09411

シロハラ。

Dsc09413

コゲラ。

Dscn3929

モズ。

Dsc09421

キセキレイ。

Dsc09428

シジュウカラ。

Dscn3934

雨に煙る蓮華寺池の向こうに、高草山と虚空蔵尊、そして駿河湾が遠望できる。

Dsc09419

頂上すぐ下で、紅梅の花が咲き始めた。

Dsc09429

フユザクラの花が咲いている。

Dscn3928

冬の雨の日のバードウォッチングには、温かい服装が欠かせない。

Dsc09426

そしてレインブーツも必需品だ。

Dsc09444

確認できた鳥は、カルガモ、オナガガモ、マガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、バン、オオバン、ヒメアマツバメ、ユリカモメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ルリビタキ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、シメ、カワラヒワ 番外:カワラバト 以上34種類。

Dsc09425

次回の2月15日(土)はどのような冬鳥を観察できるか、楽しみだ。

Dscn3922

|

シメ&イカル祭り!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 令和元年12月21日(土)

藤枝市の84歳女性から静岡市の17歳男子高校生まで、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市の老若男女14人が参集。

Dsc09356

歩き始めると、小枝にぶら下がり餌を探すシメを発見。

 Img_2367

人間が観察していても遠くに飛ばず、長時間、採餌する姿を見せてくれた。

Img_2357

「聞きなし」で〝お菊二十四〟(お菊さんは24歳)と聞こえるイカルも、遠くでたくさん飛び交っている。

Img_2376

餌の木の実などを食べている。

Img_2374

人間を見下ろし観察するかのような、ツグミのかわいい仕草。

Img_2362

凛々しくもある。

Img_2365

カラ類の混群の中にコゲラを発見。

Dscn3888up

たくさんいて長時間観察できて、まさに「シメとイカル祭り」だ。気温は13℃。風が無く暖かい。

 Dsc09344

池には、ハジロカイツブリ。赤い目が素敵だ。

Dsc09355up

カイツブリもよく潜る。

Img_2351

たくさんのユリカモメが、舞ったり、池面に浮かんだりしている。

Dsc09349

海の貴公子のようだ。

Dsc09342

オナガガモの羽模様が、素晴らしく綺麗だ。

Dsc09350

島にいるバン。

Dscn3886

もちろん、オオバンもいる。

Dsc09351

見事に整列しているカワウ。

Dsc09354

天気が良く、あくびも出る。

Dsc09353

島にはゴイサギも多数。

Dscn3881

ホシゴイ(幼鳥)の羽模様と嘴の色が鮮やかだ。

Img_2377

コサギが羽繕いしている。

Img_2380

観察した鳥は、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハジロカイツブリ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、アオサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、リュウキュウサンショウクイ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、シメ、イカル、カワラヒワ、アオジ 番外:コジュケイ、カワラバト  以上36種。

Dsc09357

次回の令和2年1月18日(土)は、どのような冬鳥を見ることができるか、楽しみだ。

Dscn3866  

 

|

望年会!盛会 令和元年12月8日(日)

会場の静岡市鷹匠のもくせい会館には、会員47人が参加した。

Dsc09281

増田章二静岡支部長が、「毎日が日曜日?なので、野鳥観察三昧の充実した日々を送っている」などと、1年を振り返り挨拶。

Dsc09280

新井真幹事が、「久しぶりに編集部員に戻り、特集企画や臨時例会で活躍、長く鳥獣保護委員として地域の野鳥保護に貢献」した功績で、表彰された。

Dsc09282

続いて、佐野聡幹事による2019重大ニュースの発表。①2018年12月18日 足環付チュウヒの確認報告。

Dsc09284

②1月1日 コクガン3羽。

Dsc09287

③1月4日 マダラウミスズメ。

Dsc09288

④2月3日 トモエガモ10羽。

Dsc09290

⑤4月14日 ハジロコチドリ。

Dsc09291

⑥4月27日 ホシムクドリ。

Dsc09292

⑦長谷川博さん アホウドリ 鳥島での調査に終止符。

Dsc09294

⑧8月18日 クマタカvsアオダイショウの対決。

Dsc09295

⑨9月7日 ヒメハマシギ。

Dsc09296

⑩10月14日 コグンカンドリ幼鳥?。

Dsc09297

⑪11月2日 オオハシシギ幼鳥2羽。

Dsc09298

⑫11月9日 「この山に風車を立ててはいけない」。





Dsc09300

そして講演は、NPO法人バードリサーチ理事で「ツバメ観察全国ネットワーク」担当の神山和夫氏。

Dsc09312

演題は「ツバメについて」。

Dsc09315

ツバメの特徴は、大きな翼と長い尾羽。

Dsc09303

世界には6種類の亜種がいて、営巣の仕方や場所が異なる。

Dsc09304

ツバメは急降下するとき、時速70kmのスピード。

Dsc09305

ツバメ前線。静岡県は3月20日から4月10日くらいにやってくる。

Dsc09306

渡るツバメは太平洋上の船上で休む。

Dsc09307

ツバメの巣があることで、人や床が汚れないよう、工夫するアイテムもアピール。

Dsc09308

また、商店などからの苦情を受けて、人口巣を設置することによって、営巣を続けてもらう方法も考案。

Dsc09309

ツバメも安心して営巣できる。

Dsc09310

都会ではツバメの飛翔餌が減っているが、東京銀座では、屋上養蜂のミツバチも食べている。

Dsc09311

身近な鳥だけに、質問も多数でて、わかりやすく有意義な講演だった。





Dsc09314

二次会は懇親会。

Dsc09316

最高齢88歳の冨永さんの乾杯で開会。

Dsc09317

皆さん積極的に「来年の抱負」を語った。白鳥さん。

Dsc09318

柴さん。

Dsc09319

大石さん。

Dsc09322

三宅さん。

Dsc09325

朝倉さんと冨永さん。

Dsc09321

最後は、大じゃんけんプレゼント大会で盛り上がり、幕を閉じた。2020年もたくさんの鳥を観察したいものだ。

Dsc09320  

 

|

宮城県伊豆沼・蕪栗沼探鳥会 令和元年11月30日(土)~12月1日(日)

東北新幹線くりこま高原駅集合で8人が参加。日中気温5℃の快晴の下、レンタカーを借りて伊豆沼へ直行するが、沼に水鳥は少ない。皆ご出勤中で、周辺水田で採餌している。

Dscn3855
見当をつけて田んぼを走ると、マガン(日本に飛来する8~9割の個体が宮城県北部で越冬する)などがたくさんいるいる。2羽~数十羽のまとまりで一生懸命、落穂や草を食べたり寝たり、養分を蓄え体力を付けている様子がよくわかる。

Dsc09152

マガンの群れ。

Img_2311

オオハクチョウはおおらかだが、マガンは警戒心が強く、車で遠くから近づくだけですぐ飛び立つ。オオハクチョウの家族。

Dsc09163

お目当てのシジュウカラガンを見つけられないでいると15時頃、突然ハクガン10羽くらいの群れがヒラヒラと舞い降りてきた。

Img_2216

が、まさにその時、大型ワゴン車を運転していた隊長に向かって、助手席の慎重な隊員が「左側注意!ゆっくり!」と大声で叫んだにもかかわらず、隊長は言うことを聞かず車を進めガードレールに車体を擦ってしまった。速やかにレンタカー会社に連絡すると、警察を呼んで事故報告せよとの指示。GPSで位置を確認した若柳署の若手警察官2人がやってきて、事故検分すること約1時間半。仕方ないのでこの間に他の人達はハクガン、マガン、ヒシクイなどの群れを観察していると、長い望遠レンズを持つカメラマンが続々と集まってきた。この人達は、ユーラシア大陸から迷い込んだたった1羽の超珍鳥『アオガン』が目的だった。後から聞いた話しによると、すぐ近くでアオガンの撮影に成功した人もいたそうで、残念。

Dsc09197

日没直前に何千、何万というガンが舞い降り、田んぼへ塒入りする様子は圧巻で感動的、心が揺さぶられる光景だった。

Dscn3822

塒入りして泳ぐヒシクイ。

Dsc09167

2日目は朝5時半出発で、宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター付近で塒立ちを観察。

Dscn3827

日の出前後に続々と沼から飛び立ち、我々のすぐ頭上を編隊飛行する様子は神々しい。鳥と日の出、周りの山々に囲まれた沼の朝焼けは素晴らしかった。

Dsc09219

朝食後、少し離れた蕪栗沼の周辺水田で約5万5千羽(蕪栗沼・周辺水田のマガンなどの全体数/伊豆沼・内沼周辺には約12万羽)の中に4283羽(11月27日のカウント)いるはずのシジュウカラガンを探すも、なかなか出会えなかったが、昼頃ようやく群れを発見。

Img_2335

24羽を確認。
Img_2325

車から降りてそうっと近づくも、警戒心が強い割に飛び立たず、じっくり観察することができ、幸せな時を過ごした。

Dsc09212

2日間、静岡県では見ることのできないたくさんの水鳥・冬鳥を観察し、充実した探鳥会だった。

Dsc09155

<見た鳥>ヒシクイ、オオヒシクイ、マガン、ハクガン、シジュウカラガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、トビ、チュウヒ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カシラダカ など。

Dscn3832

|

秋晴れ!冬鳥!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会    令和元年11月16日(土)

快晴の下、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から17人が参集。数年ぶりに参加した焼津市のSさんご夫妻、カルチャーセンター講師も務める静岡市のⅠさんも、それぞれ一眼レフ・カメラを携えて元気な姿を見せてくれた。

Dsc09070

オナガガモが増えた。

Dscn3782

左から、マガモ、オナガガモ♀、オナガガモ♂。

Dscn3781

ユリカモメも多数。

Dsc09080

水面上の姿は美しい。

Dsc09078

遠くにカイツブリ。

Img_2145

カワウも今日は多い。

Dsc09082

ゴイサギが島で寛ぐ。

Img_2173

コサギも羽繕いする。

Img_2186

オオバンも増えた。

Dsc09079

気温は14℃、気持ち良い気候だ。

Dsc09071

少し冠雪した富士山がクッキリ見える。

Dsc09076

山には、今年初めて観察するツグミ。胸の模様が淡い。

Img_2171 

モズ♀が高鳴きする。

Dscn3788

胸の鱗模様が綺麗だ。

Img_2179

嘴は鋭い。

Img_2180 

きょうも、山から駿河湾と伊豆半島が遠望できる。気持ち良い眺望だ。

Dsc09075

途中、ヒミズの死骸を発見。モグラに比べて、前足が小さく、尾は長くブラシのような毛が生えている。

Dsc09072

フユノハナワラビが、たくさん伸びている。

Dscn3786

ツワブキの花が優しく咲く。

Dscn3783

確認できた鳥は、カルガモ、コガモ、オナガガモ、マガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、アオサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、キセキレイ、シメ、アオジ 番外:カワラバト 以上29種類。

Dsc09069

次回の12月21日(土)は、赤い鳥などを観察できるか、楽しみだ。

Img_2181

 

|

雨だが蒸し暑い!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会   令和元年10月19日(土)

天気予報は雨、秋の長雨だ。レインスーツとレインシューズに身を包み、傘を持った9人が藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から参集。さすが〝全天候型探鳥会〟だ。雨の中の蓮華寺池探鳥会は昨年9月以来だ。

Dsc08944

歩き始めると、今季初めてのオナガガモが出迎えてくれた。

Dsc08943

羽の模様が鮮やかだ。

Dsc08945

♂と♀、よく見ると見分けることができる。左から、♀・♂・♂・♀・♂。

Dsc08946

換羽が終わって飛ぶことができるカルガモもいて、人間が近づくとハスの葉の下に隠れる。

Dsc08947

通年、愛らしい姿を見せるコガモ。

Dscn3739_20191019151501

カワウが、雨が一段落すると、羽を干す。

Dsc08967

カイツブリ。若い固体か?

Dsc08964

島にはコサギ。

Dsc08965

オオバンも増えて来た。

Dsc08969

気温は21℃だが、湿度が高く、歩くと汗ばむ。

Dsc08956

スイレンの花がまだ楽しめる。鮮やかな薄黄色。

Dsc08953

柔らかな薄紅色。

Dsc08954

カタツムリがたくさん、和風庭園の塀にへばりついている。コンクリートの石灰のカルシウムを舐めている。

Dsc08948

雨が降ったりやんだり。駿河湾、伊豆半島も遠望できる。

Dsc08959

高草山に掛かる雲が、なかなか幻想的だ。

Dsc08960

山の低い位置に掛かる雲の下は、きっと雨が降っているのだろう。

Dsc08961

相変わらず、池はハスの葉に覆われている。

Dsc08958

台風19号で崩れ落ちた山の斜面。

Dscn3740

ツリガネニンジンの花が、先月から斜面に咲く。

Dsc08955

フユノハナワラビが伸びている。

Dsc08957

シロバナサクラタデの花が池畔に咲く。

Dscn3744

確認できた鳥は、カルガモ、コガモ、オナガガモ、マガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、オオバン、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、スズメ、キセキレイ、イカル、アオジ 番外:カワラバト 以上22種類。

Dsc08966

次回の11月16日(土)は、もっとたくさんの鳥を見ることが、きっと、できるだろう。

Dsc08962

|

エゾビタキを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会        令和元年9月21日(土)

84歳の女性を含む藤枝市、島田市、焼津市からの12人が参加。

Dsc08904

歩き始めると、ミズキの実を食べるエゾビタキの群れを発見。

Dsc08908

目がかわいい。

Dsc08907

コサメビタキも交じっている。山の上でなく、しかもこんなに近距離で観察するのは初めてかもしれない。

Dsc08916

ヤマガラもいる。

Dscn3623

コゲラもいる。

Dsc08909

メジロもいる。

Dsc08910

池には、換羽がそろそろ終わるカルガモが泳いでいる。

Dsc08938

オオバン。

Dsc08939

カワウ。

Dsc08936

気温は26℃。観察しやすい気候になってきた。

Dsc08921

曇天だが、空気が澄んできたのか、遠く伊豆半島を見ることができる。

Dsc08933

昆虫も多い。ヒメウラナミジャノメ。

Dsc08931

アカボシゴマダラ。

Dsc08919

ツチイナゴ。目が〝涙目〟のようでかわいい。

Dsc08932

ヤブマオの葉をムシャムシャ食べるフクラスズメの幼虫。

Dsc08923

曇天で過ごしやすい。

Dsc08927

池はハスの葉に覆われて、水面の面積が益々少なくなってきた。

Dsc08926

ヒガンバナ(曼珠沙華)がようやく咲きはじめた。

Dsc08920

マルバルコウソウ。

Dsc08925

ツリガネニンジン。

Dscn3626

コマツナギ(駒繋ぎ)。名前の由来は、茎が馬をつなげるほど丈夫という意から。

Dscn3625

センニンソウ。

Dscn3628

クサギの青い実が綺麗だ。

Dsc08922

確認できた鳥は、カルガモ、コガモ、キジバト、カワウ、コサギ、オオバン、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、コサメビタキ、エゾビタキ 番外:カワラバト 以上15種類。

Dsc08934

次回の10月19日(土)は、もっと鳥の種類が増え、植物の葉や実もきっと色づいていることだろう。楽しみだ。

Dsc08935

|

«タカの渡り探鳥会のための準備例会 令和元年9月7日(土)