« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ハチクマ

Hatikuma_koizumi201109_2

撮影:小泉 金次       撮影地:静岡県内        撮影日:2011/09/18

タカの渡りの季節です。静岡県内でも観察の最盛期を迎えます。

|

静岡市麻機遊水地 定例探鳥会 2011年9月25日(日)

気温24℃の心地よい曇天の下、「ノビタキと身近な猛禽」と題し、9時半から正午まで開催。歩き始めてすぐにノビタキを発見、幸先良いスタートだ。ベテランも♂か♀か?…と特定を迷うカワユイ個体。

110925_004

カワセミ♂が〝急降下ジャンピング餌取り〟に精を出す。

110925_015

チュウサギも負けじと、鋭い眼差しでチュウショクを探す。

110925_016

昆虫博士(?)がヒメアカタテハを見つけた。日本全土に分布するが、個体数は多くない。食草はハハコグサ、ヨモギ、ゴボウなど。

110925_013

見た鳥は、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、トビ、チョウゲンボウ、キジ、クサシギ、タシギ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、ショウドウツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ノビタキ、セッカ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計32種。

20110925103123

カモもこの時期6種見ることができ有意義な探鳥会だった。次回は10月23日(日)開催。

また、11月6日(日)には〝興味のある方がどなたでも参加できる「一般県民探鳥会」〟を開催する。乞う!大勢の参加!

|

大雨の藤枝市蓮華寺池探鳥会 2011年9月17日(土)

藤枝市蓮華寺池探鳥会は主催者=増田章二の意向が強く反映され、「全天候型 探鳥会」を標榜している。台風15号の影響による豪雨の中、藤本♂、福与♂、塩川♀、設楽♂、そしてリーダー増田♂はズブ濡れの中、9時に出発。福与さんひとりが雨合羽で、残りは傘をさしながらの探鳥会。数年前、台風直撃の中でも、増田♂、関♀ふたりの勇敢な会員は傘もさせない強風豪雨の中、この蓮華寺池探鳥会を完遂したという伝説=いや、コレは事実=の〝伝統ある探鳥会〟だ。毎月第3土曜 9時 藤枝市郷土博物館前集合の定例探鳥会。

110917

確認できた鳥:バン、カルガモ、カワセミ、アオサギ、ハシボソガラス、メジロ、ツバメ、シジュウカラ、イカル、ヒヨドリ、キジバト、コゲラ。10月は少し涼しくなり、もっと沢山見れるだろう。

1109173

 

|

南アルプス雷鳥調査vol.2(8月27~29日)

8月末調査の疲労困憊から快復した調査隊員は、雷鳥が写真に写っていないかもう一度見直すうちに(写ってるわけネーダロー!頭冷やせ)、なかなか良い風景ショットを発見。

今回は名残惜しい「南アルプス晩夏の残像」と題してお送りする。
まずは、横窪沢川の沢道を慎重に渡る隊長。

11082729_009

雲上の素晴らしさ

 

11082729_025

ベニヒカゲ

11082729_020

シナノオトギリソウ

11082729_037

上河内岳(右)と聖岳(左)

11082729_072

朝4:30茶臼小屋から

11082729_057

ハイジの丘(標高2600m付近)

11082729_028

to be continued-vol.3 -may be.

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »