« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

磐田市 桶ヶ谷沼トンボ観察会(NPO自然博ネット主催)                     2012年6月24日(日)

絶滅が心配されるベッコウトンボなど、国内でも有数のトンボの生息地での観察会。

ベッコウトンボは時期が遅く、まずは鮮やかな「ショウジョウトンボ」。

120624_006

ホバリングする「チョウトンボ」。

120624_008

静岡市や藤枝市などから約30人が参加、福井順治 指導員の説明を受ける。

Img_20120624_104940

植物も豊富で、「イワタカンアオイ」。

Img_120624

早朝に立つ「キヌガサタケ」。

Img_120624_2

ビジターセンターの玄関にはツバメの巣。

120624_001

親鳥が運ぶ餌を待つヒナたち。

120624_003

アメリカザリガニにヤゴが食べられたりする中、自然の生態系を保ちながらトンボを保護する大切さを学んだ。

Img_20120624_122452

|

雨の藤枝市 蓮華寺池公園 探鳥会 6月16日(土)

4月5月と雨にたたられなかったが、全天候型探鳥会にふさわしく、また雨。

Img_20120616_090344

スズメが雨の中、参加者を出迎えてくれた。

P1180290a

カルガモがハスの葉を掻き分けて泳ぎ、チョウトンボも軽やかに飛び、雨の池のアメンボウはスイスイ歩く。

Img_20120616_100524

ナツツバキの花が咲き始めた。

Img_20120616_091922

ヒメジョオンも群生している。

Img_20120616_095046

水面にはスイレンの花もたくさん。

Img_20120616_090725

雨の日も、自然は私たちを心地よく癒してくれる。

Img_20120616_092127

見た鳥:スズメ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、ムクドリ、カワラヒワ、メジロ、コゲラ、ハクセキレイ、アオサギ、カワウ、カルガモ、ハシボソガラス、(ウグイス)(キビタキ)(ハシブトガラス)以上18種類。※( )内は泣き声のみ。

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »