« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

藤枝市蓮華寺池公園 探鳥会 2014年9月20日(土)

参加者が少ないと珍しい鳥が出る事が多く、ムギマキ♀…かと思いきや、ノビタキ秋羽。

P1060629
曇天で遠いが、綺麗なシルエットだ。

P1060630
藤枝市、島田市からの参加者は静かな池を巡る。

Dsc01681
鳥は少ない。カルガモ。

Dsc01683
アヒル。

Dsc01687

気温21℃、小雨のち曇り。文化的に行動するのに良い季候になった。

Dsc01696
ナガコガネグモ。

Dsc01694
ヤブマオの葉を食べる鮮やかな色のフクラスズメの幼虫。触ると上体を激しく振る。

Dsc01703
ハゼの葉が紅葉しはじめた。

P1060633
木の実が沢山落ちている。コナラの実。

Dsc01698
クヌギの実。

Dsc01699
アベマキの実。

Dsc01705
池にはまだスイレンの花が咲いている。

Dsc01690
花を開くとき、自分で茎を揺する。

Dsc01689_2
白い曼珠沙華。

Dsc01686
サクラタデ。

Dsc01692
ヌスビトハギ。

Dsc01688
センニンソウ。

Dsc01697
クサギの花。

Dsc01700

甘い香りのクズの花。

Dsc01701
お茶の花も綺麗だ。

Dsc01708
活動しやすい気候になり、来月から鳥がどんどん増えることを期待。

Dsc01702

観察した鳥は、ノビタキ、コサメビタキ、カルガモ、モズ、ヒヨドリ、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、イカル、アオゲラ、トビ 13種。

|

静岡県の鳥類 第2版 販売中!

静岡県の鳥類 第2版を販売しています。

希望者は下記アドレスの三宅まで問い合わせて下さい。

価格は3500円+送料です。

spmn-net@bz01.plala.or.jp 

第1版発行(1998)12年が経ち、その間に県内の野鳥生息状況に様々な変化が見られたり、新たな種の観察がされたりしてきたため、全県の再調査を実施して第2版を発行させました。1/25000地形図を4分割した353メッシュのうち、345メッシュの調査を2年かけて実施し、第1版時との分布の変化がわかるよう構成しています。また巻末には外来種(ガビチョウ、ソウシチョウ等)がどのように県下で分布を広げているかもあります。南アルプスのライチョウ研究、カワウの食性も掲載して内容の濃いものになっています。

【表紙】

Photo

【メッシュ】

Photo_2

                                                         (2014/09/02)

|

御前崎シギ・チドリ探鳥会 2014年8月31日(日)

静岡市、藤枝市からの参加者は瞬く間に干潮になっていく海岸で次々と〝シギチ〟を発見。チュウシャクシギ。

Img_97910

キアシシギ。

Img_99550

ダイゼン。

Img_98620

トウネン。

Img_98900

趾(ゆび)が3本で、後趾がないのがよくわかるミユビシギ。

Img_99100

イソヒヨドリ。

Img_99140

チュウシャクシギ~イソヒヨドリ Photo by BANNO
昼食に海鮮丼や刺身定食を食している間に快晴になった

Dsc01671

ハマゴウ。

Dsc01670

砂に書かれた風紋もイケてる。

Dsc01674

キョウジョシギとメダイチドリ。

P1060591

遠いが、シロチドリ。

P1060581

時々どこからともなく現れるクロサギ。

P1060555

カメに似ているので通称〝亀岩〟巨大だ。

Dsc01679

ボラか?水面上で盛んに口をパクパクさせている。

Dsc01680

沖合にはミズナギドリと思われる鳥たちが沢山。

P1060595

御前埼灯台と海岸。

Dsc01676

穏やかな晴天の下、渡りの〝シギチ〟と潮の香りを堪能した。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »