« 静岡県内6支部 合同探鳥会 2015年2月8日(日) | トップページ | 静岡市 浅間神社・賤機山 探鳥会 2015年2月11日(祝) »

静岡支部50周年記念「長谷川博さん」講演会                             2015年2月8日(日)

1964年12月に35人で創立した静岡支部。静岡市出身で東邦大学名誉教授の長谷川博さんが「200羽から5000羽へ アホウドリの再生を目指して」を講演した。国の特別天然記念物アホウドリの世界的に著名な研究者とあって、県内外から多数の聴講者が集まった。

Img_8811jpg1

長谷川さんが設置したデコイの効果で、伊豆諸島・鳥島の「新コロニーにおりたアホウドリの若鳥と親子」。

Dsc01893

「クロアシアホウドリの求愛ダンス」。

Dsc01895

鳥島から小笠原諸島の聟島(むこじま)に移送され繁殖したヒナ。

Dsc01896

〝その昔、羽毛が目的で捕らえられ絶滅しそうになったのは、名前のアホウドリが原因のひとつでは、だから『オキノタユウ=沖の大夫』に改名するのはどうか〟…と長谷川さんは提案する。

Dsc01897

来賓として祝辞を述べるバードウォッチング歴50年、東京在住の高橋成彰さん。

Img_8801jpg1

挨拶する佐藤昌彦 静岡支部長。

Img_8787jpg1_2

質問する聴講者。

Img_8851jpg1

最近は会員の高齢化が目立つが、沼津支部の16歳女性など若い聴講者も多く、活気があり、有意義な講演会だった。

Img_8788jpg1

掲載された「静岡新聞の記事」。

C2015021100000012500

会員幹事の朝倉久美子さんがデザインし、素敵に仕上がった「記念のバンダナ」。

20150209193650

記念講演会の後の懇親会にも大勢が参加。

Img_8993jpg1

長谷川博さんと親しく会話でき、おおいに盛り上がった。

Img_8970jpg1

懇親会で乾杯の音頭をとる北海道在住の柴田匡敏さん。

Img_8862jpg1

お祝いの言葉を述べる南富士支部の影山秀雄 支部長。

Img_8866jpg1

長年にわたり支部長の要職に就いた前静岡支部長の三宅隆さんが〝想い出〟を語る。

Img_8871jpg1

50周年記念バンダナをデザインした朝倉久美子さんが〝作成秘話〟を披露。

Img_8878jpg1

かつて静岡支部の歌として歌われていた1965年の舟木一夫〝はやぶさの歌〟。

Img_8895jpg1

片田大さんの音頭で皆で歌う。

Img_8897jpg1

静岡ライチョウ研究会の朝倉俊治 会長が、〝絶滅危惧種の保護と再生〟について、長谷川博さんと対談。

Img_8927jpg1

〝児童文学と鳥〟について話す望月正子さん。

Img_8932jpg1

花嫁募集中!の静岡市立日本平動物園 山本幸介さんが〝ゾウ飼育の楽しさ〟などを語る。

Img_8937jpg1

片田大さんお手製の全員参加する楽しいゲームで盛り上がる。

Img_8949jpg1

大石久子さんと長野修治さんが懐かしい話しを披露。

Img_8975jpg1

松永俊乃さんが〝居合いと鳥〟の意外な関連を身振りで示す。

Img_9010jpg1

Photographs by Sano and Shitara, Written and Master of Ceremonies by Shitara.

Img_8755jpg1

|

« 静岡県内6支部 合同探鳥会 2015年2月8日(日) | トップページ | 静岡市 浅間神社・賤機山 探鳥会 2015年2月11日(祝) »

イベント等の報告」カテゴリの記事