« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

コサメビタキ!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                            2015年9月19日(土)

前日までの秋の長雨が上がり快晴の下、初参加の焼津市の女性をはじめ、藤枝市、島田市、静岡市からの9人が歩き始めた。

林間にコサメビタキを発見。

Dsc02257
目が愛らしい。

Dsc02256
腹が白い。

Dsc02258_2
木の切り株ではヤマガラが何かを食べている。

Dsc02255
木陰ではときどき涼しい風が吹く。

Dsc02250
気温28℃。

Dsc02240
トンボは多い。コシアキトンボ(腰空蜻蛉)。

Dsc02233
コフキトンボ(粉吹蜻蛉)。

Dsc02231
ネキトンボ(根黄蜻蛉)。

Dsc02229
ナガコガネグモが巣を張る。

Dsc02230
チョウも多い。ベニシジミ。

Dsc02244
アオスジアゲハ。

Dsc02261
チョウが集まるクサギの花周辺で獲物を待ち受けるカマキリ。

Dsc02252
ツチイナゴ。

Dsc02253
可憐なツリガネニンジンの花。

Dsc02242
曼珠沙華。

Dsc02241
種が4つ付く外来種のアレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)。

Dsc02232
甘い香りのクズの花。

Dsc02249
アケビの実がたわわに実る。

Dsc02259
志太地域ではヘビバアというカナヘビがかわいい。

Dsc02236
スズメバチも活発だ。

Dsc02247
残暑は厳しいが少し秋の気配がする。

Dsc02260
コナラの実。

Dsc02245
ヤマガラが食べるエゴの実。

Dsc02234
フユノハナワラビ。

Dsc02262
換羽中のカルガモ。

Dsc02228
蓮の葉の上で寛ぎながら甲羅を干すミシシッピアカミミガメ。

Dsc02235
10月以降は秋の鳥、冬の鳥が増える。

Dsc02263
見た鳥は、カルガモ、アオバト、キジバト、トビ、サシバ、ハシボソガラス、シジュウカラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ、イカル 番外:ドバト、アヒル 以上17種類。

|

雨!焼津シギチ探鳥会 2015年9月6日(日)

天気予報は〝曇りのち昼ころから雨〟だったため、探鳥会を決行。藤枝市、静岡市から6人が参加し、焼津市の田園や休耕田を見て回った。

まず、深い草叢のなかにジシギを発見。

Dscn1183
警戒心が強い。

Dscn1184
まもなく、飛んでやってきたシギがいた。アオアシシギ(奥)とコアオアシシギ。

Dscn1199
ソリハシシギも群れでいる(手前2羽、奥の大きいのはアオアシシギ)。

Dscn1247
アオアシシギ。

Dscn1235
アオアシシギが気持ちよさそうに耳を掻く。

Dscn1246
アマサギも多数。

Dscn1220
ダイサギ。

Dscn1188
コサギ。

Dscn1192
ケリは沢山。

Dscn1190

ヒクイナを、こんなにアップで見たのは初めてだ。(photo by sano)

20150906___0002jpgdpp1jpg1jpg2

なんと、ヒクイナが道路を横切る!(photo by sano) 

20150906___0012jpgdpp1jpg2

ソリハシシギ。(photo by sano)

20150906___0003jpgdpp1jpg1jpg2

イソシギ。(photo by sano)

20150906___0009jpgdpp1jpg1jpg2

アオアシシギ。(photo by sano)

20150906___0012jpgdpp1jpg1jpg2

タマシギ。(photo by sano)

20150906___0006jpgdpp1jpg1jpg2

朝9時ころから雨が降り出し、ときどき土砂降り、ときどき曇り、でもほとんど雨の天候だったが、民家の横の田圃などで見ることができるシギチは静岡県の季節の風物詩だ。

見た鳥は、ハクセキレイ、ケリ、コサギ、キジバト、ムクドリ、スズメ、タカブシギ、ジシギ、チュウサギ、アオサギ、ツバメ、カルガモ、アオアシシギ、コアオアシシギ、セッカ、ハシホソガラス、クサシギ、ヒクイナ、カワラヒワ、セグロセキレイ、アマサギ、ダイサギ、ソリハシシギ、ヒバリ、コチドリ、タマシギ、モズ、カワウ、イソシギ、カイツブリ、カワセミ

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »