« ハスの花に囲まれて!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                 2016年7月16日(土) | トップページ | 植物・昆虫の藤枝市蓮華寺池公園観察会                         2016年9月17日(土) »

途轍もなく暑~い!藤枝市蓮華寺公園探鳥会                            2016年8月20日(土)

初参加の藤枝市の女性と島田市の男性を含む藤枝市、島田市、焼津市から参加の12人が歩き始めたが、今日は暑い。公園の気温計をみると、なんと39℃。何年もこんな体温になったこともない。

Dsc05154

吐く息の方が冷たいくらいだ…嗚呼。
でも、全天候型探鳥会を誇るので歩き始めたが、鳥はいない。

Dsc05143

カルガモは、涼しそうに泳ぐ。

Dsc05169

トンボも少ない。ウチワヤンマ。

Dscn1760_2

コフキトンボ。

Dscn1763

シオカラトンボ。

Dscn1767

産卵するハグロトンボ。

Dscn1770

あまりにも暑いので、滋養にハスの実を食べる。食感はトウモロコシとピスタチオの中間くらい。甘くて美味。

Dsc05167

Dsc05166

蓮は、花が枯れた後に実をつける。花托の形が蜂の巣に似ていることから、「蜂巣(ハチス)」と呼ばれていたものが変化して、「蓮」といわれるようになったとされている。紀元前3000年のインドでは、松の実やクコの実と同じように健康食品として広く利用されていた。また、古代中国では、皇帝への貢物とされていた記録も残っている。日本でも弥生時代の地層から蓮の実が発見されるほど古くから親しまれており、今でも精進料理に欠かせない食材の1つ。

Dsc05165

蓮の実は、でんぷん質が豊富で、ビタミンB1、カルシウム、カリウム、食物繊維も含まれていて、これらの栄養素によって、「蓮子(レンシ)」という名前で、古くから婦人病や自律神経を整えるための生薬として利用されてきた。ビタミンB1はすべすべ肌と疲労回復効果があり、カルシウムは骨と筋肉を強くする。カリウムは高血圧やむくみを予防、食物繊維は便秘の解消となる。

Dscn1762

森の木陰はフィトンチッドが降り注ぎ、まさにミストシャワーのようだ。

Dsc05160

スイレンの花も、まだまだ綺麗だ。

Dsc05149

Dsc05150

Dsc05151

ノカンゾウの花が咲いている。

Dscn1766

こんなに暑くても、フクラスズメの幼虫は元気にカラムシの葉を食べる。

Dsc05162

黄色スズメバチが巣に出入りしている。

Dscn1765

夜、鬼岩寺の花火大会があるので、花火屋さんが準備している。

Dsc05163

今日は猛暑の中、〝苦行〟のような探鳥会だったが、参加者が12人、自然の魅力を再認識した。
観察した鳥は、カルガモ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ 番外:コジュケイ、ドバト 以上10種

Dsc05164

|

« ハスの花に囲まれて!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                 2016年7月16日(土) | トップページ | 植物・昆虫の藤枝市蓮華寺池公園観察会                         2016年9月17日(土) »

探鳥会風景」カテゴリの記事