« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

春らしい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2017年3月18日(土)

藤枝市、島田市、焼津市、そして自分が参加した探鳥会のブログが楽しみという静岡市のご夫婦、4年ぶりに参加の同じく静岡市からのDKさんなど16人が参加し歩き始めると、シメが出現。羽も嘴も鮮やかだ。

Dscn2291

草の間から木の実か何かを見つけて餌にする。

P1070473

林間では、カワラヒワがたくさん鳴く。足が繊細でカワイイなあ。

P1070479

池にはゴイサギの幼鳥〝ホシゴイ〟が佇む。

P1070471

島でコサギが羽繕いする。

P1070481

ユリカモメもまだたくさんいる。

P1070483

バンが泳ぐ。

Dsc05864

オオバンも、きょうは登場させるか。

P1070484

シデコブシの花が咲いた。

Dsc05839

淡い紅色が青空に映える。

Dsc05840

ショウジョウバカマが斜面に咲く。

Dsc05847

初参加の84歳の男性は、岐阜県の臨済宗の寺で生まれ、4月8日の釈迦の誕生日を祝う〝灌仏会(かんぶつえ)〟の時に、寺周辺に咲く可憐なショウジョウバカマをたくさん摘み取り、誕生仏の花御堂に飾る手伝いをしていた。〝ホーホケキョ〟とウグイスが鳴く頃に咲くから、ショウジョウバカマのことを〝ホッケキョバナ〟と言っていた記憶も思い出される…とのことだった。

Dscn2293

トサミズキも満開だ。

Dsc05844

花は下向きに咲く。

Dsc05845

タンポポがたくさん咲いている。総苞の外片が、反り返らず上向きなので、在来種だ。

Dsc05855

ヤマザクラがほんの少し咲き始めた。

Dscn2292

開花が例年より遅いようだ。

Dsc05850

暖かいが、風はまだ冷たい。

Dsc05853

頂上からは、冠雪の富士山がうっすら見える。

Dsc05857

この日は、「ふじえだ花回廊・世界一長い花の列のギネス世界記録に挑戦」というイベントで、認定員による審査が行われていた。

Dsc05859

プランターに植えられたパンジー、ビオラ、ノースボールなど約23,000鉢を、間隔を開けないで池の周りに2周設置し、2987mの記録を超えようという試み。
審査の結果、3117m17cmと測定され、ギネス記録と認定された。

Dsc05841

華やかだが、いつものような鳥の観察はむずかしい。

Dsc05842

〝ふじえだ花回廊〟とは、「いつも どこでも どんなときも 花でつながる」をキーワードにする、市民総ぐるみの花のまちづくり…だそうだ。

Dscn2290

確認できた鳥は、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、ゴイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、オオタカ、コゲラ、アオゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、ビンズイ、カワラヒワ、シメ、イカル、アオジ 番外:コジュケイ、カワラバト、ソウシチョウ、アヒル 以上32種

Dsc05868

来月はどんな鳥に出会えるだろう…楽しみだ。

|

セツブンソウ・フクジュソウの山梨県早川町赤沢探鳥会                       2017年3月5日(日)

静岡市、藤枝市から参加の14人がマイカー4台に分乗し、新東名、国道52号線を北上し、一路早川町へ。標高550mの赤沢宿は晴天で気温16℃。太陽光を浴びて、フクジュソウ(福寿草)の花が綺麗に開いている。

Dsc05758

福を寿(ことほぐ)花として、地元の人が大切に育てている。

Dsc05763

斜面の多くに黄色の花が咲く様子は、心が温まる。

Dscn2278

春を告げる花の代表で、キンポウゲ科の花の特徴がよく観察できる。

Dsc05767

春植物と言われ、スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)=「春の妖精」とも呼ばれる。

Dscn2266_2

直訳すると「春のはかないもの」「春の短い命」というような意味らしい。

Dsc05761

坂の多い赤沢宿には、セツブンソウ(節分草)も群生している。

Dscn2262

これまたキンポウゲ科で、古名は、イエニレ(家楡)。

Dscn2264

節分の頃に花を咲かせることからセツブンソウと名付けられた。

Dsc05772

可憐な花は人気が高く、現在は環境破壊によって希少植物になっている。

Dsc05756

ここ赤沢宿でも、小道を気を付けて歩かないと、踏んづけてしまいそうで怖いので、細心の注意を払い歩く。

Dsc05764

フクジュソウとセツブンソウの〝ツーショット〟ぜいたくな斜面だ。

Dsc05775

赤沢宿は、霊山・七面山の正面に位置する。クマタカ、ハイタカなどが頂上付近をときどき舞う。

Dscn2256

七面山と身延山久遠寺を結ぶ参詣道を守る唯一の宿場町として栄えた。

Dsc05750

最盛期の明治から昭和20年頃には「講」と呼ばれる信仰集団を中心に、1日に数千人もの人々が行き交ったそうだ。重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。

Dscn2257

元 旅館の大黒屋の大正10年の講札。

Dsc05749

早川町では和紙の原料となるミツマタを多く見かける。若者の住民は少ないようだ。

Dsc05782

午後は鳥を求めて、南アルプス邑野鳥公園で探鳥。

Dsc05794

餌台が設置されているため、小鳥たちが観察センターに多数集まる。アトリが4羽。

Dsc05792

落花生を逆さ吊りで美味そうに食べるヤマガラ。

Dsc05785

園内にはムササビの巣が設置されている。

Dsc05788

ライブカメラの映像を見ると、母親と双子の子が2匹、計3匹が住んでいる。父親は子育てしないが、母子の血縁関係は強い…と学芸員さんの話。

Dsc05790

目当てのヤマセミは観察する事が出来なかったが、立派なヤマセミ橋にオブジェがあった。

Dsc05793

昼食は、そば処 武蔵屋で手打ちそば定食を満喫。注文すると、地元のお母さんたちが交代でそばを切る。野菜天ぷら、きび入りごはん、山椒の葉煮、野菜煮物などは素朴な味わいで美味かった。

Dsc01964

予定していたシカ肉のジビエ料理は閉店中で食べることができなかったが、角を持った♂が店の前に鎮座していた。

Dsc05784

石畳の急な坂に沿って昔ながらの建物が今も並ぶ赤沢宿。時折、地元の人が運転する軽トラックが細い山道を通る。暖かい日で、野鳥公園も含め、心が癒される探鳥会だった。

Dsc05769

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »