« 快晴で心地よい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会           2018年10月20日(土) | トップページ | 秋晴れで爽快!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                2018年11月18日(土) »

第26回日本野鳥の会中部ブロック会議 新潟大会                   2018年11月3日(土)~5日(月)

「日本の自然 鳥類の生息環境と保全」をテーマに、中部地域の10県、17支部が新潟県新潟市の「水の駅ビュー福島潟」に集合した。伴野正志、朝倉俊治両副支部長などが参加した(※会議の内容は、野鳥だよりに掲載予定)。

会議会場の目の前は、〝オオヒシクイとオニバスの里 水の公園「福島潟」〟。

Dscn3142

会議の合間に冬鳥を観察した。ペアのコハクチョウ。

Dsc07786

オオヒシクイとマガン。

Dsc07805

上空にもオオヒシクイ、マガン、カモ類が飛び交う。

Dsc07806

遠くの中州には、チュウヒやノスリが舞う。

Dscn3146

東正面には五頭連峰がくっきり聳える。

Dscn3144

さて、二日目は早朝5時起床で、近くの鳥屋野潟で探鳥会。

Dsc07829

JR新潟駅から1.5kmに位置するが、市街地に残る水どりのオアシスだ。

Dsc07831

毎週金曜に野鳥の会新潟県の副会長さんがカウントするそうで、10月26日(金)現在5200羽以上のコハクチョウを数え、過去最高。

Dsc07832

6月頃シベリア」などで生まれた幼鳥も中に混じる。

Dsc07838

3~5羽くらいの家族で行動する。

Dsc07840

はるばる数千kmを渡ってきて、水田の落穂や水草を食べて、体力をつける。

Dsc07852

会議の運営、宿泊、探鳥会など、幹事の野鳥の会新潟県、佐渡支部の皆さんには大変お世話になり感謝。

Dsc07860

また、約40年前に静岡支部の会員だった当時、静岡大学生の方が、故郷の佐渡で大規模米作を営んでいて、佐渡支部に所属し、トキの環境保全に貢献していることも聞き、感激した。

|

« 快晴で心地よい!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会           2018年10月20日(土) | トップページ | 秋晴れで爽快!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会                2018年11月18日(土) »

イベント等の報告」カテゴリの記事