« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

コアジサシ!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会            令和元年6月15日(土)

100%雨予報の曇天の中、藤枝市の初参加の男性を含む9人が歩きはじめた。上下雨合羽、長靴と完璧な雨支度の人もいれば、そうでない人もいる。蓮華寺池探鳥会は〝全天候型探鳥会〟なので、どんな天候でも中止はない。雨、暴風、雪、霰…安全に気を付けながら必ず開催する。Dsc08624

コアジサシがヒラヒラと飛翔している。

Dscn3513

何度も水面に飛び込んでは採餌する。

Dscn3513_1

レギュラーメンバーのコガモが、レギュラーポジションに佇む。

Dscn3519

オオバンも渡っていない。

Dscn3520

スズメの「巣立ち雛」が池畔で親から餌をもらっている。嘴の根元の黄色がかわいい。

Dscn3523

気温は20℃、風があり肌寒い。

Dsc08625

池は一面、ハスやスイレンの葉で覆われている。

Dsc08626

スイレンの花。

Dscn3517

ナツツバキの花も見頃だ。

Dscn3515

アジサイ。

Dscn3524

色とりどり。

Dscn3525

雨に煙る駿河湾と伊豆半島。

Dscn3526

実を付けたウラシマソウ。この一角だけ草刈りから免れた。

Dscn3529

Sさんが藤枝市の花と緑の課に、〝秋に赤色の実をつけるウラシマソウの華やかな佇まいを観賞する野草愛好家がいる〟ことをアピールした成果だ。

Dsc08628

ミミズバイが実をつけている。この実の形がミミズの頭に似ていることから名づけられたそうだ。蓮華寺池公園の山にはこの木が多い。

Dscn3530

観察した鳥は、コガモ、オオバン、コアジサシ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、スズメ 番外:コジュケイ、カワラバト 以上16種

Dsc08629

次回7月20日(土)はどのような生物を観察できるか、楽しみだ。

Dsc08627

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »