« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

カンムリカイツブリ・イカルなどを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2021年2月20日(土)

足くるぶしの骨にひびが入り車いすの小学1年女子、初参加の静岡市清水区からやってきた女性、同じく初参加の望遠レンズカメラを持つ藤枝市の男性をはじめ、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から20人が参加。池畔を歩き始めると、カンムリカイツブリを発見。

Img_2753

優雅に泳ぎ、潜り、羽ばたく。(撮影:藤本宏)

002_20210220181501

カイツブリもたくさん。

Dscn4457

バン。

Dscn4463

泳ぐバンとヒドリガモ。

Dscn4467

ヒドリガモ♂。

Dscn4470

ヒドリガモ♀。

Dscn4472

オナガガモ。

Dscn4465

カルガモ。

Dscn4474

島に佇むオオバン、カワウ、バン、バン、カワウ、バン(左から)、右上にカルガモが泳ぐ。

Dscn4475

カワウ。

Img_2762

アシ原の中のゴイサギたち。

Dscn4486

ゴイサギ。

Img_2763

コサギ。

Img_2760

アオサギ、カンムリが素敵だ。

Img_2758

コガモ♀と♂。

Img_2765

カワヅザクラが満開だ。

Dscn4462

桜色が濃い感じ。

Dsc00138

暖かくなる天気予報だが、風が強く、気温10℃で寒い。

Dsc00131

山にはイカルの群れ。ムクの実をムシャムシャ食べる。

Img_2777

尾羽の青色まで、目の前で鮮やかに観察できる。

Img_2779

シジュウカラ。

Img_2767

コゲラが開けた杉の木の巣穴。いくつもある。

Img_2770

ジョウビタキ。凛々しい顔で鮮やかな色合いだ。(撮影:藤本宏)

2-002

梅の枝のシロハラ。地上で落ち葉をひっくり返す姿と違い、彼方を見据える。(撮影:藤本宏)

1-002

参加者はソーシャルディスタンスを保ちながら、山道を鳥を探しながら静かに歩く。

Dsc00144

梅園の景色が素晴らし。

Dscn4488

紅梅は咲き乱れ、白梅はこれからが見頃だ。

Dscn4489

カラスウリの実が、まだ鮮やかな色合いで残っている。

Img_2773

気持ち良い自然の中でのバードウォッチングは、健康に効果あり。

Dsc00132

観察した鳥は、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル 番外:ソウシチョウ、カワラバト 以上35種類。

Dscn4478

次回の3月20日(土)は冬鳥と春鳥の両方を観察できるか、楽しみだ。

Dscn4480

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »