« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

たくさんのユリカモメが飛来!2021年11月20日(土)藤枝市蓮華寺池公園探鳥会

一眼レフカメラを持つ二十歳の焼津市から初参加の男性、同じく初参加の藤枝市と静岡市からの女性、ルミックスのカメラを構える焼津市から親子で参加の小学6年女子など、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から快晴の小春日和の下、27人が参集。

Img_7576

たくさんのユリカモメが出迎えてくれた。

Img_7574

オナガガモも多い。

Img_7575

カルガモとオオバン。

Img_2828

コガモ。

Img_7583

ヒドリガモ♂(左)と♀(右)。

Img_7579

バンも元気に泳ぐ。

Img_7581

カイツブリは採餌のため、すぐに潜る。

Img_2819

アオサギが優雅に佇む。

Img_2817

ゴイサギの成鳥(左)と幼鳥(右)。

Img_2826

ゴイサギ幼鳥は〝ホシゴイ〟と呼ばれる。星模様が素敵だ。

Img_2824

カワウが整列して、求愛行動している。

Img_7599

トンボがまだ飛んでいる。アキアカネ。

Img_7586

気温は14℃だが、望遠鏡と三脚を担いで歩くと暑いくらいだ。

Img_7585

キセキレイが鮮やかだ。

Img_2829

ハクセキレイにも登場してもらおう。

Img_7600

頂上の下で休憩。

Img_7591

少し冠雪の富士山。

Img_7589

虚空蔵山と駿河湾、そして今日は霞む伊豆半島が遠望できる。

Img_7592

ハスの葉がきれいに取り除かれた池。

Img_7590

ケヤキの紅葉が青空に映える。

Img_7588

クサギの花がたくさん咲いている。葉を揉むと〝くさい香り〟がするとして名づけられたが、〝アーモンド〟のような香りだと言う人もいる。花の香りは素敵で、多くのチョウが集まってくる。

Img_7587

ルリビタキなど山の小鳥を熱心に探す参加者。

Img_7595

青空のこちら側で、紅葉・黄葉が光っている。

Img_7597

スダジイとツブラジイなど、ドングリの実と樹木の違いを注意深く観察する。ツブラジイの実は生で食べても美味しい。恐る恐る試食した参加者は、初めての体験に感激。

Img_7596

探鳥しながら山道を歩く参加者。フィトンチッドが樹木から発散され、素晴らしい森林浴だ。

Img_7598

今日、確認できた鳥は、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ 番外:ドバト 以上28種。

Img_7578

次回の12月18日(土)は、もっと多くの冬鳥を観察することができるといいが、どうだろう?

Img_2825

|

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »