« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

シメ・イカル・コゲラ・バン・ユリカモメを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会2021年12月18日(土)

島田市から初参加の5歳男子は祖父に連れられ、藤枝市の8歳女子は双眼鏡を提げ祖父母と一緒に、単独行の登山を始めたばかりの藤枝市の男性は山で出会う鳥の姿と鳴き声を研究したいと初参加、静岡市清水区から初参加の男性、焼津市から母子で参加の小6女子など、藤枝市、島田市、焼津市、静岡市から28人が師走の心地よい晴天の下に参集。

Img_7640

真っ先に出迎えてくれたのは「歩くバン」。黄緑色の脚が鮮やかだ。

Dscn4712

バンは島にも佇む。黄緑色の脚だけでなく、脚の付け根の赤色、嘴が鮮明に観察できる。

Dscn4721

飛翔するユリカモメ。

Dscn4716

整列するユリカモメ。

Dscn4715

オナガガモ♂♀。

Dscn4714

コガモ♂♀。

Dscn4725

コガモ♂。

Img_7641

ヒドリガモ♂。

Img_7643

採餌のためすぐ潜るカイツブリ。

Img_2837

カワウが気高く、島の枝に止まる。

Img_2836up

整列するカワウとオナガガモ。

Dscn4745

ゴイサギ。

Img_2856

ホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)の胸模様が魅力的だ。

Img_2855

気温はびっくりの4℃だが、風がなく、それほど寒くない。

Img_7648

山にはイカル。

Img_2842

黄色の嘴が心ときめかせてくれる。斑鳩(いかるが)の里への憧れと郷愁の思いからか?

Img_2844

今年は数が少ないかもしれないツグミ。

Img_2848

シメが樹上の日陰で採餌する。いい顔してる。

Img_2849

ジョウビタキ♂。この鳥も今年は少なくないかな?

Dscn4727

杉の実をムシャムシャ食べるカワラヒワ。

Img_2857

望遠鏡で観察すると、嘴に食べかすをいっぱい付けて満足そうだ。

Img_2861up

コゲラも可愛い。

Dscn4733

たまにはスズメにも登場してもらおう、超アップで。

Dscn4744

山頂の古墳群で休憩。

Img_7656

雪煙の富士山が綺麗に見える。

Img_7652

焼津市の花沢山・虚空蔵山、駿河湾と伊豆半島の遠望が素晴らしい。空気が澄んでいるからか…。

Img_7654

ハスが取り除かれた池は気持ち良い。

Img_7653

トビ2羽が飛ぶ。

Img_7657

冬の植物も観察する参加者。

Img_7649

フユイチゴの実が沢山成っている。酸っぱいが新鮮な!美味さだ。

Img_7650

冬茂るヒガンバナの葉。花が咲いていないと、別の植物のようだ。

Img_7651

ドウダンツツジとケヤキの紅葉が鮮やかだ。

Img_7647

黄葉のイロハモミジ。

Dscn4738

イロハモミジの落ち葉も見ごたえある。

Dscn4736

素敵で良い形だ。

Dscn4739

確認できた鳥は、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、アオゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル 番外:ドバト 以上32種。

Img_7658

次回は、年明けの1月15日(土)。寒くなると山鳥も水鳥も種類が増えるはずだが、この冬はどうだろう?期待大!

Img_7655

|

楽しい!望年会 2021年12月4日(土)

コロナ渦の中、一次会のみの開催だが31人が参加。皆マスク着用で、元気な姿を確認しあい、再開の喜びをかみしめた。

Img_20211204_130327_671_20211204190101

増田章二支部長が「アウトドアでの探鳥会は、三密を避け、積極的に開催したい」と挨拶。全員による近況報告を行った。

Img_20211204_130308_179

朝倉俊治副支部長が、静岡ライチョウ研究会会長として、「ライチョウ南限生息地のホットな話題~最南限のなわばり雄はなぜ季節移動するのか?」との演題で講演。

Img_20211204_133820_228

Img_20211204_134101_983

4月25日北アルプス立山室堂での♂。

Img_20211204_134011_770

茶臼岳ハイジの丘での♂。今までは最長11歳と言われていたので、足輪による「12歳+」の確認は新発見か。

Img_20211204_134729_331

調査する南アルプス地域。

Img_20211204_134911_992

続いて、伴野正志副支部長による「とっておきの鳥の写真」を鑑賞。毎年飛来するコハクチョウ。

Img_20211204_140719_099

トモエガモ♂。

Img_20211204_140900_125

メジロガモ♀。あの鳥くんも観察に来たそうだ。

Img_20211204_141112_585

飛来したコウノトリ。

Img_20211204_141159_980

ヒクイナ♀が雛に日陰を作る。

Img_20211204_141337_863

数十年ぶりに麻機にやって来たオグロシギ。

Img_20211204_141446_047

タマシギ♂が子育てする。

Img_20211204_141622_265

よちよち歩きの雛。

Img_20211204_141658_268

繁殖期のタマシギ♀の「剣羽」が鮮やかだ。

Img_20211204_141830_405

アオバズク。

Img_20211204_142243_465

飛翔するチョウゲンボウ。

Img_20211204_142352_409

モズ♀がアブラコウモリを捕獲。

Img_20211204_142517_021

コムクドリ。

Img_20211204_142712_941

部分白化のスズメ。

Img_20211204_142841_836

マヒワ。

Img_20211204_143026_600

ベニマシコ。

Img_20211204_143105_217

一次会だけの望年会だが、皆近況を確認しあい、より多くの探鳥会にこれからも参加しようと、次の出会いに思いを馳せた。

Img_20211204_143326_538

|

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »