« たくさんのユリカモメが飛来!2021年11月20日(土)藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 | トップページ | シメ・イカル・コゲラ・バン・ユリカモメを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会2021年12月18日(土) »

楽しい!望年会 2021年12月4日(土)

コロナ禍の中、一次会のみの開催だが、静岡市の県教育会館に31人が参加。皆マスク着用で、元気な姿を確認しあい、再開の喜びをかみしめた。

Img_20211204_130327_671_20211204190101

増田章二支部長が「アウトドアでの探鳥会は、三密を避け、積極的に開催したい」と挨拶。全員による近況報告を行った。

Img_20211204_130308_179

朝倉俊治副支部長が、静岡ライチョウ研究会会長として、「ライチョウ南限生息地のホットな話題~最南限のなわばり雄はなぜ季節移動するのか?」との演題で講演。

Img_20211204_133820_228

Img_20211204_134101_983

4月25日北アルプス立山室堂での♂。

Img_20211204_134011_770

茶臼岳ハイジの丘での♂。今までは最長11歳と言われていたので、足輪による「12歳+」の確認は新発見か。

Img_20211204_134729_331

調査する南アルプス地域。

Img_20211204_134911_992

続いて、伴野正志副支部長による「とっておきの鳥の写真」を鑑賞。毎年飛来するコハクチョウ。

Img_20211204_140719_099

トモエガモ♂。

Img_20211204_140900_125

メジロガモ♀。あの鳥くんも観察に来たそうだ。

Img_20211204_141112_585

飛来したコウノトリ。

Img_20211204_141159_980

ヒクイナ♀が雛に日陰を作る。

Img_20211204_141337_863

数十年ぶりに麻機にやって来たオグロシギ。

Img_20211204_141446_047

タマシギ♂が子育てする。

Img_20211204_141622_265

よちよち歩きの雛。

Img_20211204_141658_268

繁殖期のタマシギ♀の「剣羽」が鮮やかだ。

Img_20211204_141830_405

アオバズク。

Img_20211204_142243_465

飛翔するチョウゲンボウ。

Img_20211204_142352_409

モズ♀がアブラコウモリを捕獲。

Img_20211204_142517_021

コムクドリ。

Img_20211204_142712_941

部分白化のスズメ。

Img_20211204_142841_836

マヒワ。

Img_20211204_143026_600

ベニマシコ。

Img_20211204_143105_217

一次会だけの望年会だが、皆近況を確認しあい、より多くの探鳥会にこれからも参加しようと、次の出会いに思いを馳せた。

Img_20211204_143326_538

|

« たくさんのユリカモメが飛来!2021年11月20日(土)藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 | トップページ | シメ・イカル・コゲラ・バン・ユリカモメを堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会2021年12月18日(土) »