« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

カワセミとカワアイサのビッグショー!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2022年1月15日(土)

初めて〝凍てつく池畔〟を目の当たりにするこの冬一番の寒さの中、3年ぶりに参加の藤枝市の男性、高倍率のルミックス・カメラを構える焼津市から参加の小学6年女子と母親など、藤枝市、島田市、焼津市、御前崎市から22人が参集。

Img_7659

カワセミを発見。

Img_2868

池の水を入れ替えるため水深が浅く、魚などの餌を捕獲しやすいからか、採餌の様子を何度も観察。

Img_2874

嘴の下側が赤いので、♀だ。

Img_2871

カメラ撮影の人間を恐れず、マイペースで餌を飲み込む。

Img_2883

小さなエビは頭や脚が邪魔するのか、なかなか飲み込めない。

Img_2876

飛ぶ〝翡翠〟とか〝宝石〟と言われる。

Img_2884

カワセミは、観察者が公園を一回りする間、結局3時間も同じ辺りで採餌していた。

Dscn4752

カワセミ・ショーの次は、カワアイサだ。

Img_2925

定点観測の蓮華寺池公園探鳥会を始めて30年以上になるが、カワアイサがこの池に入ったのは、確か初めてだ。

Img_2926

こちらは採餌のために、よく潜る。

Dscn4803

頭と背中の深い緑色と嘴の赤色が鮮やかだ。

Img_2927

ユリカモメが乱舞する。

Img_7672

氷上のユリカモメの群れは、この池では大変珍しい。

Dscn4801

羽を広げて氷上を楽しんでいるのか。

Img_2922

幼鳥から成長になろうとするユリカモメ。

Dscn4802

氷の中のオオバンたち。

Dscn4798

ヨシガモが鮮やかだ。

Img_2895

バンが元気に泳ぐ。

Img_7677

オナガガモ。

Img_7676

スズメが気持ちよさそうに水浴びする。

Img_7674

アオサギが佇む。

Img_2920

島にはコサギの群れとアオサギ、カワウ。

Dscn4766

カワウの群れ。

Dscn4795

ゴイサギの群れ。

Dscn4770

池畔のゴイサギたちも凍てつく池をじっと見つめる。

Dscn4771

気温は4℃。

Img_7664

最低気温が氷点下だったため結氷し、昼でも融けなかった。

Img_7661

池の水が少なくなったので、ウナギが出現。

Dscn4769

山には小鳥がたくさん。ジョウビタキ♀。

Img_2888

紋付で濃い色の♂も綺麗だが、淡い色の♀も鮮やかだ。

Img_2890

眼が愛らしい。

Img_2891

コゲラ。

Dscn4792

シジュウカラ。

Img_7669

ヤマガラ。

Dscn4787

メジロ。

Img_7671

頂上の下で休憩。

Img_7668

今日も、焼津市の虚空蔵山、駿河湾、伊豆半島が遠望できる。

Img_7666

強風で雪が少し薄くなった富士山もくっきりと。

Dscn4776

水の入れ替えで、池が綺麗になっていく。

Dscn4777

紅梅が咲き始めた。

Dscn4779

これからまだまだ、蕾が鮮やかな花に変わる。

Dscn4774

確認できた鳥は、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、リュウキュウサンショウクイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル、アオジ 番外:ドバト 以上41種。

Img_7675

次回の2月19日(土)は、激寒の中、どのような鳥たちを観察できるか、楽しみだ。

Img_7662

|

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »