« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

秋の気配を感じさせる野鳥・自然観察を堪能!藤枝市蓮華寺池公園探鳥会 2022年10月15日(土)

大阪支部から旅行の途中にやってきた初参加の男性、静岡市清水区から初参加の女子大生と母親、部活が休みで参加できた焼津市の中学1年女子と母親など、藤枝市、島田市、焼津市、御前崎市、静岡市から32人が澄み渡る快晴の下に参集。筆者の男性同級生がたまたま4人も参加、内2人はお孫さん同伴で〝理科〟の研究か。

Img_7996

さっそく、ゴイサギ幼鳥が出迎えてくれた。

Dscn5013

マコモダケの葉に隠れる(涼む?)ゴイサギ幼鳥も。

Dscn5020

アオサギが優雅に佇む。

Dscn5014

カルガモもハス葉の中から出てきた。

Dscn5017

愛らしいコガモ♀。

Img_8020

オナガガモ♂が来た。

Dscn5064

熱心に羽繕いする。

Img_8023

羽を干すカワウ。カワウの羽は水分をはじかないため、自分で乾燥させる。

Img_8022

オオバン。

Img_8017

島にはコサギの群れ。

Img_8018

月齢19.2 朝見る月が綺麗だ。

Dscn5016

コシアキトンボを発見。

Dscn5023

マユタテアカネもいる。

Dscn5035

フジバカマの花などに吸蜜にやってきたアサギマダラ。

Img_8010

コスモスが見頃の池畔で観察。

Dscn5031

コスモスはまだ当分鑑賞できそうだ。

Dscn5030

植物の花は豊富だ。アキノタムラソウ。

Dscn5041

センニンソウ。

Dscn5042  

ミゾソバ。

Dscn5044

ツリガネニンジン。

Dscn5045

イタドリの花も鮮やかだ。

Dscn5047

ホトトギス。

Dscn5050

繊細なヌマダイコンの花。

Dscn5052

ノハラアザミ。

Dscn5060

気温は27℃だが、日差しが強く暑い。

Img_7998

9月23日の台風15号で土砂が流れ込み通行止めの日本庭園。山の上でも土砂崩れ斜面や通行止めの散歩道があり、水流でえぐられ穴が開き歩行注意の階段も多い。

Dscn502815

植物の実もたくさん。ヒヨドリジョウゴ実。

Dscn5053_20221015213501

スズメウリ実。

Dscn5055

コバノカモメズル実。

Dscn5056

頂上下で休憩。

Img_8004

ハスの葉に半分以上覆われた蓮華寺池。

Img_8003

木々の間から富士山が見える。

Dscn5058

今日は、焼津市の虚空蔵尊、駿河湾、その向こうに伊豆半島がくっきりと遠望できる。空気が澄んでいるのか。

Img_8001

山ではコゲラ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラなどの混群を観察。メジロが愛らしい。

Img_8008

イソヒヨドリ♀が鮮やかな声で鳴く。

Img_8019

キンモクセイの花の香りが素晴らしい。

Img_8016

確認できた鳥は、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、コサギ、オオバン、オオタカ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、イカル 番外:ドバト 以上23種。

Img_8024

次回の11月19日(土)は、冬の鳥を見ることができるか、楽しみだ。

Img_8021

|

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »